チャンネル登録数100万人超を誇る人気YouTuberジョーブログが、4月8日に放送されたバラエティ番組「給与明細」(AbemaTV)に出演。自身の収入事情について語った。

同番組は、かつてテレビ東京で放送されていた、怪しくも稼いでいる人や仕事に斬り込みその給与を暴く番組「給与明細」の復活版。番組のストーリーテラーは、テレビ東京時代と同様にテリー伊藤が務める。4月8日AbemaTVでの第1回放送だった。

番組ではこの日、謎多きYouTuberの実態に迫るべく、ジョーの自宅へ初潜入。マネージャーと2人で住んでいるという自宅は、2階建て3LDKの一軒家で、家の中には、本、荷物、ファンレターなどが入ったダンボールが数多くあり、ジョーは「倉庫としてパンパンになっていく」と話した。そこで家賃を聞いてみると、「別で駐車場も借りている。それも含めて20万円位です。僕が払っています」とのことだ。

続いて、YouTuberの収入システムについて聞いてみると、「YouTubeは、伸びた動画の1か月の総再生数×0.1円がYouTuberの収益になる。それは動画や広告の種類によって前後する。数年前にアップした動画もずっと伸び続けていて、それが1か月でどれだけ伸びたかも×0.1円で計算される」と話し、気になる月収を質問すると「広告収入も月によって変わってくるので、まちまちなんですけど、だいたい月平均300万円位じゃないですかね。広告収入に加え、本や物販の売り上げ、イベントの出演料とか、それらを総合したら月300万円位」と、26歳にして、月に約300万円稼いでいることを明かした。

ジョーの月収が明らかになったところで、さらに貯金額を聞いてみると、ジョーは「『給与明細』という番組なので用意しておきました」と、ポケットから2つの通帳を取り出し、「これは適当に貯金している通帳」と、見せてくれた金額は約725万円。

もう一方は「こっちは会社とかで動く時に使う。出演料が振り込まれたり、家賃とかを諸々払う通帳」と話し、そこには約188万円の金額が記帳されていた。ジョーは「月300万稼いでいると、年収3000万以上みたいな感じに見えますけど、実際はこれだけです。これでも僕は、だいぶ多いと思っている」と話し、2つの通帳を足した貯金額は、913万9160円ということが明らかになり、同世代の20代の平均貯蓄額約400万円を上回る結果となった。

この貯金額について、ジョーは「入ってきたお金は、次のロマンに使いたい。お店を出したいとか、アフリカに行きたいとか、色々それでお金がかかったりもする。そういうことに自分が得たお金を使っていきたい。人にロマンや楽しみを与えて、お金を頂いている職業なので、だからそのお金は、どんどん自分の挑戦に使っていこうと思っています」と、使い道についても言及した。