ハリルホジッチ監督の電撃解任に驚き 「誰もこの展開を予想した人はいない」

 日本サッカー協会JFA)が9日に記者会見を開き、ハリルホジッチ監督の解任と西野朗技術委員長が新監督に就任することが発表された。このニュースは、韓国メディアも衝撃を持って報じている。

 サッカー専門誌「ベストイレブン」も「ハリルホジッチ監督の電撃解任のニュースは驚いた」と伝え、「なぜここで解任したのか」について、細かくまとめている。

 同誌はこれまで日本がこうした解任の形を取ったことがなかったと指摘しつつ、「チームの運営と試合内容において、もっと低い評価が表面化してから退くべきではなかったのだろうか。難しいチーム運営で、周囲と摩擦を起こすことでも有名なハリルホジッチ監督とはいえ、誰もこの展開を予想した人はいなかった」と、解任のタイミングについて疑問を投げかけていた。

 それでも、解任の理由は韓国メディアにもよく見えていたようだ。同誌は「ハリルホジッチ監督は日本のサッカースタイルを変えようと努力した。特にデュエルの重要性を強調した。世界で戦うなら、個人の力で相手を圧倒する力を持たないといけないと選手たちに力説していた。この持論は当然の主張だ。しかし日本のサッカー界はこれを簡単に受け入れることができなかった。長所を強くして良いチームを作るよりかは、短所を指摘し、改善を要求するハリルホジッチ監督の方針が合わなかったのかもしれない。それこそ、チームのアイデンティティーを揺るがす問題で、より敏感になっていたところはあった」と指摘している。

「ハリル監督への国民の懐疑的な目は、E-1選手権で感じられた」

 さらに「岡崎慎司香川真司本田圭佑日本代表に選ばないことも、解任騒動の火種となったのは間違いない。特に岡崎はレスター・シティで、出場機会を与えられながらも代表に呼ばれておらず、ハリルが基準としていた『クラブチームで出場している選手を選ぶ』という基準からも逸脱していた」とし、選手たちからの不満が大きくなっていたことも解任の要因だったと指摘している。

 サッカー専門サイト「インターフットボール」は、「ワールドカップを前に去ったハリルホジッチ、予見されていた変化」と見出しを打ち、「最近の試合内容と成績不振とともに、選手との確執が問題となり、解任となった」と説明。特に「ハリルホジッチ監督に向けられた国民の懐疑的な目は、EAFF E-1選手権から感じ取れた。日本は監督との最後の3試合目で1-4と大敗した」ことも、信頼を失う決定的な要因と伝えた。

 韓国側からすれば、この大敗の後でも、首がつながっていたハリルホジッチ監督を見て、「W杯まで心中する」との見方がほとんどだった。

 スポーツ専門サイトスポーツQ」は「2カ月前にハリルホジッチ監督を解任したことによって、W杯本大会は3敗で予選敗退の可能性がより大きくなったのではないだろうか」と、疑問を投げかけている。(金 明昱 / Myung-wook Kim)

韓国メディアもハリルホジッチ監督の電撃解任に驚き【写真:田口有史】