ポカリスエット2018年ブランドCM第1弾「ぼくらの放課後」篇が、4月7日より公開。同CMでイメージガールを務める八木莉可子が、約150人の高校生と共に東京・原宿で踊る姿が話題を集めている。

【写真を見る】キャットストリートを高校生ダンサーが占拠!

2016年より、「自分は、きっと想像以上だ。潜在能力をひき出せ。」をメッセージとして掲げたCMを展開しているポカリスエット。これまでも全国の学生から投稿されたダンス動画をまとめたCMを製作するなど、若者たちのあふれる情熱を表現した映像が人気を博している。

3年目を迎えることしのテーマは、高校生の「日常」。学校という枠を超えた高校生の自主性にフォーカスし、高校生の“聖地”である東京・原宿を舞台に設定。また、これまでのシリーズを通して使用されてきたテーマ曲も一新し、新たな世界観を提示していく。

キャットストリート高校生軍団が襲来!

新CM「ぼくらの放課後」篇は、放課後原宿にやってきた八木莉可子が街中で踊り出し、新テーマ曲「いと無敵テンション」を歌いながら進んでいく。すると隊列は次々と増えていき、男女合わせて約150人の大行進がキャットストリートジャックする。

中盤からは、学校生活シンボルでもあるスクールバッグを使いながら、全身で彼らの放課後を表現。「部活」「恋バナ」「クレープ」「お好み焼き」「カラオケ」「ゲームセンター」…と、高校生たちの等身大の日常がインサートされていく中、おなじみのメッセージですべての学生たちにエールを贈っていく。

過去のシリーズでもキレのあるダンスを披露してきた八木。ダンス難易度はさらに上がり、過去最高レベルとなったが、今回も仲間たちと一糸乱れぬパフォーマンスを披露。一方で、「日常」を感じさせる高校生らしい表情を見せる一幕も。表現力を増した彼女のダンスにも注目だ。

■ CM出演でギネス記録に挑む!?

また、今回のCMで披露されているダンスをみんなで踊る「ポカリガチダンスFES」が、6月9日(土)に開催されることも決定。当日は、CM撮影を通してギネス世界記録に挑戦するとのこと。現在5000人の中高生ダンサーを募集しているので、「我こそは」というダンサーはぜひエントリーしてみよう。(ザテレビジョン

「ポカリスエット」新CMで、八木莉可子がキレキレダンスを披露!