突如、3月31日付で退社したNHK人気キャスター有働由美子アナ(49)。今回のフリー転身の裏には、かつて取材のイロハを学んだ大物監督の「遺言」があったという。

「実は有働アナがNHKに退社を申し入れたのは、年が明けてから間もなくのことだったそうです。くしくも今年1月4日には『サンデースポーツ』でも共演していた星野仙一氏が膵臓ガンで逝去。星野氏と有働アナはかつて“男女の仲”と報道されるほどの親密な関係でした。その死去が彼女独立を後押ししたのは間違いない」

 そう話すのは、古巣のNHKの関係者である。有働アナは、3月30日放送の「あさイチ」で8年間務めたメインキャスターV6の井ノ原快41)とともに卒業。その翌日の31日には、退社していたというが、

有働さんの退社は4月3日明らかになりましたが、かなりバタバタだったようです。年度またぎだったこともさることながら、それほど退社の慰留がギリギリまで繰り広げられていたために発表がずれ込んでしまった。社内でもほとんどの人は有働さんが辞めるのをニュースで知ったほどでした」(前出・NHK関係者)

 はたしての有働アナと星野氏の間でどのような言葉が交わされたのか。相は4月10日発売のアサヒ芸誌上で詳細にレポートされている。

アサ芸プラス