Bセグメントのプジョー208に、初のレザーシート装着車となる「PEUGEOT 208 LEATHER EDITION」が設定され、4月9日から120台限定で発売されました。

詳細画像はこちら

スポーティな外観やプジョー独自のインテリアコンセプトである「i-Cockpit」、アクティブシティブレーキなどの安全装備はそのままに、最量販グレードの「アリュール」をベースに、高級感あるブラックレザーシートフロントシートヒーター、フロアマット、16インチ2トーンアロイホイールが特別装備され、内外装の質感向上が図られています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

エンジンは1.2Lの直列3気筒ターボで、110ps/5500rpmというスペックトランスミッションは6ATを搭載。ボディカラーは人気の「リオハ・レッド」、「ダークブルー」、「サテン・ホワイト」、「ビアンカホワイト」の4色。こうした装備を用意しながら、価格は3万円アップ240万円という買い得感のある設定となっています。

(塚田勝弘)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【新車】初のレザーシートを装着したプジョー・208の特別仕様車「LEATHER EDITION」(http://clicccar.com/2018/04/10/577570/)