女優の菜々緒が、9日に都内で開催された新ドラマMissデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の完成披露試写会&記者会見に、共演の佐藤勝利、木村佳乃、和田正人、白石聖、鶴見辰吾、船越英一郎西田敏行と共に出席。菜々緒は、芝居を続けていこうと思えた瞬間などについて語った。

【写真】『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』第1話完成披露試写会&制作発表の様子

 悪魔と呼ばれるほど冷酷非情な凄腕人事コンサルタント・椿眞子(菜々緒)が、とある企業を舞台に、どんな会社でも起こりうる問題を悪魔のように大胆な方法で解決する姿を描く本作。菜々緒は芝居で意識していることについて、「目上の方に対して、堂々と発言するシーンが多いので、そこで緊張してしまうと、やっぱり言葉だったりとか仕草に出てきちゃうと思うので、まず緊張しないことを意識しながら台詞を言うようにしています」とコメント

 一方、眞子が手先にする新入社員・斉藤博史に扮する佐藤は「椿眞子さんに振り回されるので、Mっぽく映るんですけど、共演者の皆さんに、そのMっぽさが好評でして」とニッコリ。「挙句の果てに、菜々緒さんには僕は『ヒロイン』と呼ばれていまして。男なんですけど(笑)」と自虐しつつ、「ヒロインを背負って、斉藤博史の可愛らしさも出せるように頑張っていきたいなと思います」と抱負を語った。

 会見では、一同が「仕事を始めた頃の自分」にメッセージを贈る一幕も。菜々緒ドラマ初出演時にオリンピックが重なり、視聴者が減るのではと心配していたことを回想したうえで、当時のプロデューサーにかけられた「自分たちが『良い』と思うものを作りなさい!」という言葉を紹介。「本当に面白いもの・良いものを作ろうという姿勢が、すごく大事だなと教えていただけた」としつつ、「そういうことに捉われずにお芝居をしていけばいいんだって強く思えた瞬間であり、お芝居を続けていこうと思えた瞬間でもあるので、この言葉はすごく私の中では大きい」と明かした。

 当日は、本作の主題歌が安室奈美恵の楽曲『Body Feels EXIT』(ベストアルバムFinally』収録バージョン)に決定したことも発表された。

 新土曜ドラマMissデビル 人事の悪魔・椿眞子』は、日本テレビ系にて4月14日より毎週土曜22時放送(初回15分拡大)。

『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』第1話完成披露試写会&制作発表に登場した菜々緒 クランクイン!