この春スタートの新ドラマから、恋愛の花咲き乱れる3作品をピックアップ! 高校生の甘酸っぱいスクールラブからおっさん同士の純愛まで、春ドラマで描かれる愛のカタチに注目する。

【写真を見る】おっさん(黒澤部長=吉田鋼太郎)が、おっさん(春田=田中圭)に壁ドン!「おっさんずラブ」より

■ “花男”の10年後、セレブ高校生の恋ふたたび!

花のち晴れ~花男 Next Season~」(4月17日スタート、毎週火曜夜10:00-11:07TBS系)は、「花より男子シリーズで知られる神尾葉子の同名漫画が原作。“花男”から10年後の英徳学園を舞台に、人に言えない“秘密”を抱えた高校生たちの青春模様を描く。

17日放送の第1話では、英徳学園の高等部2年生・江戸川音(えどがわおと・杉咲花)は、父が経営する会社が倒産し、生活が一変。英徳学園では10年前の伝説的存在・“F4”の道明寺司に憧れる神楽木晴(かぐらぎハルト・平野紫耀)ら“C5”が、学園の品位を保つべく“庶民狩り”を行っていた。

庶民となった音はおびえながらも、ある約束のために“隠れ庶民”であることを秘密にして学園に通う。そんな中、音が生活のためにアルバイトに励んでいるところを、晴に見られてしまう。

■ 王道スクールラブにキュン!

本作で描かれるのは、王道学園キュンキュンラブ。ヒロイン・音は、令嬢から一転、父の会社の倒産で貧乏高校生に。そして、音の幼なじみで婚約者・馳天馬(はせてんま・中川大志)は、そんな音を気に掛けている。

一方、音と同じ学校に通うセレブ高校生・晴はセレブ集団・“C5”のリーダーとして生徒から憧れられるも、本当はメンタルの弱いヘタレ男子。

天馬との結婚の条件として、貧乏暮らしになってからも超セレブ高校・英徳学園に通う音だが、天馬とは正反対なタイプの晴と出会い、幼なじみとの“運命の恋”と超セレブ男子との“奇跡の恋”の間で揺れ動く。王道ストーリーだけにどっぷり浸れそうな予感!

■ 2組の夫婦がいびつに交わる禁断の愛のカタチ

「あなたには帰る家がある」(4月13日スタート、毎週金曜夜10:00-10:54※初回は-11:09TBS系)は直木賞作家・山本文緒の同名小説が原作。2組の夫婦の日々に潜む擦れ違いをコミカルに描き、夫婦の絆や意味を問うヒューマンドラマだ。

13日放送の第1話では、結婚以来、専業主婦を続けてきた佐藤真弓(中谷美紀)が娘の進学を機に再就職。だが、それがきっかけで夫・秀明(玉木宏)との間に溝ができてしまう。一方、秀明は職場に客として訪れた人妻・茄子田綾子(木村多江)に引かれる。

本作で描かれるのは、2組の夫婦の愛のカタチ。強気な妻と無関心な夫、亭主関白な夫と従順な妻――それぞれの赤い糸がもつれ、絡み合っていく。

住宅販売会社勤務する夫・秀明と専業主婦の妻・真弓は、結婚13年目。

秀明はきちょうめんで細やかな性格で、身に着けるものに強いこだわりがある。気が強く行動派の妻・真弓は秀明のことを「家事の大変さが分かっていない」と言い、秀明も真弓のことを「常に上からくるんだよ」と話す。

今年も2人に結婚記念日が近づくが、真弓は“夫婦になって良かったこと”を聞かれて、考え込んでしまう。こんな“夫婦あるある”、身に覚えのある人も多いのでは?

一方、茄子田夫婦は時代錯誤な家族観を持つ亭主関白な夫・太郎(ユースケ・サンタマリア)と家事を完璧にこなす妻・綾子という組み合わせ。本能のままに行動するトラブルメーカー・太郎に対し、人付き合いが苦手な綾子は従順で、太郎に一切反抗しない。

お互い不満だらけの佐藤夫婦と、時代錯誤な夫婦観を持つ茄子田夫婦。交わるはずのない正反対の2組の夫婦が、妻に不満を持つ秀明と、夫に虐げられてきた綾子が落ちてはいけない恋へ発展したことで、複雑に交わり始める。

20日放送の第2話では、秀明が積極的に家事を手伝ったり、食事の感想を口にするように。急に態度が変わった秀明を、真弓は不思議に思う。

おっさん同士の既成概念を超えた愛のカタチ

独自路線を突っ走るラブストーリーも。

ドラマおっさんずラブ」(4月21日スタート、毎週土曜夜11:15-0:05テレビ朝日系)は、多くの男女が普通だと思っている価値観を改めて問う異色のラブストーリー。会社員・春田創一(田中圭)をめぐって、いちずに恋する黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と牧凌太(林遣都)が奪い合う姿を描く。

21日放送の第1話では、春田が通勤中、バスの車内で痴漢に間違われ、居合わせた上司の黒澤に救われる。だが、そのはずみで偶然、黒澤の携帯のロック画面が自分の写真だと気付く。

本作で描かれるのはあくまで、人が人に恋をするピュアな気持ち。たとえおっさん同士であっても、その思いの甘酸っぱさや切なさは変わらない。

春田は、結婚願望はあるがモテない、家事など何も一人でできないサラリーマン。女好きで、おっさんピュアな思いをなかなか受け止められない。部長・黒澤は厳しくも情に厚く仕事一筋で、部下の信頼も抜群。だが、春田の前では乙女になってしまう。そして本社から異動してきた牧は高学歴エリートで、女子にモテるドSイケメンだが実はゲイ。若さを武器に春田にアプローチする。

春田へいちずに涙ぐましいアタックを続ける黒澤と、家事が万能で同居する春田の世話を焼く牧。方向性は違えども、2人とも乙女度はとても高め。真っすぐに春田を思う気持ちは変わらない2人は春田への愛を正直に告白する。おっさんおっさん壁ドンするなど、ほかでは絶対に見られないシーンも満載だ。

一方、図らずも黒澤の自分へのただならぬ思いを察した春田は、勘違いではないかと自問自答を繰り返す。やがて、春田は思いが抑え切れなくなった黒澤に社内で迫られてしまう。果たして、春田の答えはいかに。

28日放送の第2話では、黒澤が本社出勤となり春田は安堵(あんど)する。そんな中、春田が勤める天空不動産に、地元の後輩が新妻と一緒に、新居を探しにやってくる。

フレッシュなスクールラブか、長年連れ添った夫婦の絆か、おっさん同士の純愛か。ドラマを見ながら、好みの愛のカタチにハマり込んでみてはいかがだろうか。(ザテレビジョン

貧乏女子高生と超セレブ高校生たちの恋模様を描く「花のち晴れ―」