埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」とセンセーショナルな一言が表紙に書かれ、埼玉県を徹底的にディスる(馬鹿にする)漫画、「翔(と)んで埼玉」。

この「翔んで埼玉」が2019年に映画化され、公開されることとなった。

キャストには豪華な顔揃い

東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で壇ノ浦百美(だんのうら・ももみ)役に女優の二階堂ふみさん(23)、アメリカ帰りの謎の転校生・麻実麗(あさみ・れい)役に、歌手のGACKTさん(44)が出演するなど、豪華な顔が揃う。

作者は、「パタリロ!」の作者として知られる魔夜峰央(まや・みねお)氏。

ツイッターでは、今回の映画化に対し、

おぉぉぉ
翔んで埼玉の実写化
なんかココ近年、大好きな魔夜先生の作品が実写やら舞台やら‥‥
翔んで埼玉はちょっと期待したい!
(千葉県も参戦ってwww) https://t.co/NCALIkFNwO
- ひねこ (@hine69) 2018年4月9日
翔んで埼玉映画化するの!? わーお
- 七次元 (@motherboard9119) 2018年4月9日
翔んで埼玉実写化すんのかwこれは見たい
- ?愁? (@Charlatan_ns) 2018年4月9日
翔んで埼玉が実写映画化(´?ω?`)これは埼玉県民として見なくてはならない...(使命感)
- おさり (@osari0513) 2018年4月9日

といった反応が出ている。

「翔んで埼玉」