ベボガ!が4月11日(水)、シングル「Be!」(※正式表記は全角)で念願のメジャーデビューを果たす。現在、メジャーデビューに向けリリースイベントを開催中。そこで、メンバーの水沢心愛、葉月梨花、三浜ありさ、水戸しのぶ、鹿目凛の5人に話を聞いた(樋口彩は欠席)。

【写真を見る】「Be!」出だしのソロパートを歌う水沢心愛(中央)

――メジャーデビューシングル「Be!」はどんな曲ですか?

ぺろりん:この曲は、歌が下手だったり、ダンスができなかったり、容姿端麗じゃないとか、ダメダメだったら夢見ちゃダメなの?っていう反抗している感じとか、何と言われても夢をかなえたいっていう強い気持ちが込められている曲になってるんじゃないかと思ってます。出だしに、ここたん(水沢)がソロで歌うんですけど、最初から結構インパクトがある感じになっているなって。

水戸:気持ちもこもっててね。

水沢:私、歌がすごい苦手なんですけど。でも、歌詞で「嘘のない声で君に届けよう」みたいなメッセージっていうか、サビも「下手でも歌いたい」っていう歌詞なんで、歌いたいから歌ってる、踊りたいから踊ってるみたいな、開き直りじゃないんですけど、強いメッセージ性というか。あと、「ベボガ!」って歌詞に入ってて、ベボガ!にしか歌えない曲だなって。それはそうなんですけど(笑)

葉月:全ての人を勇気づけられる曲だなって思ってて、どんな人が聞いても勇気がもらえるんじゃないかなって。ベボガ!って、最初はお客さん0人から始まって、いろいろな事があってメジャーデビューまで来たんですけど、雑草魂っていうか、「やってやるぜ!」っていう思いが込められています。

三浜:気持ちがこもるような歌詞になってて、私たちもライブとかで歌ってて、ファンの人たちも共感してもらえるっていうか、ベボガ!を知ってくださってる方ならきっと、「確かに、ベボガ!っていう感じの曲だね」っていう、ファンの人ももっとベボガ!を応援しようと思ってくれるような、歌なんじゃないかなって思います。

鹿目:好きな歌詞の部分があって、「世の中、歴史変えたのはボール球スッカッコーン逆転ホームラン」っていう、ちょっと変てこりんな感じの部分で。でも、歴史を変えたのはそういうものだよって、ヒャダインさんが歌詞にしてくれたところが、ちょっと変てこりんだけど、歴史を変えたのはそういう人たちだし、頑張るぞ!っていう感じが、歌ってて勇気をもらえます。

葉月:MVもそうなんですけど、この曲は少しロック要素があって、お披露目した後ファンの人にも「ロックだね」って言われて。今まで、ベボガ!ってロックっぽいなって思ったことがなかったんですけど、そのダメダメでもやるぞ!っていう気持ちがロックっぽいとも言われました。

――出だしのソロを聞いてみて、いかがでしたか?

水沢:最初聞いたときは、頭を抱えましたね。マジか!?ってなって。でも、事務所の人はいろいろ考えて私を選んでくれたと思うので、そこは頑張らないとなと。私、いつもパートが短文だし、歌割も少ないんですよ。ソロのパートをそんな長く歌ったことがなくて、初披露のときはとても緊張しました。

――ちなみに、以前にテレビで初披露していたラップは上達しましたか?

水沢:生誕祭で披露して、結構好評で。リズムとか合ってないんですけど、頑張って練習して披露したら、ファンの人が「格好良かった」って言ってくれました。ファンの人は何でも褒めてくれて、「Be!」初披露の時も出だしを歌ったら「おぉー!」「拍手!」みたいな歓声が起きてずかしかったんですけど、うれしかったです。

――ソロへの自信がつきましたか?

水沢:そうですね。度胸がつきました。みんなの前で歌っていいんだ!って。最初は、ダメだ!帰りたい!!みたいな感じだったんですけど、1回やったら、ずっと歌ってたい!って。

――メンバーから見て、水沢さんのソロ歌唱は?

葉月:ここたんにしかできないと思うし、ここたんだからこその、この曲だなって思うし、感動します!

鹿目:本当?(笑)

三浜:味が出るっていうか。

水戸:毎回、タイミングが違うんですよ。だから、逆に言ったら本番のライブ感とか、生の感じが伝わってきます。

鹿目:私、「Be!」でのここたんの歌は、1カ月後、半年後、1年後って時間が経つにつれて上手くなってほしいって思ってて。だから、1年後に聞いたときに、めちゃくちゃうまくなったねって言われるようになってほしいなと思ってます。

水沢:そうなんです、伸びしろしかないんです。

――聞くたびに、水沢さんの成長を感じられる曲ということですね。

水沢:そうですね、そこで感じてもらえるかなって。

――では、曲の聞きどころや、MVの見どころを教えてください。

ぺろりん:MVは、「ポテンシャルがなきゃ、夢見ちゃダメなの?」とか、Aメロのシーンはノーカットで撮影しているところが多くて、だから狭い室内で小物とかたくさんある中、気を付けながら出番のときにかわくリップシーンやってとか、そういうノーカットならではの場面が楽しめるんじゃないかなと思います。

――ノーカットの緊張感というか。

鹿目:そうですね。後ろのベッドで飛び跳ねてる状態なので、誰かしら倒れそうになってるとか。

水沢:倒れてるときとか、ありましたね。勢いを大事にしたかったから、ああいう形になったのかなとは思うんですけど、室内は暗いし、下に何が落ちてるか分からないし、怖かったですね。あと、イントロシーンで久しぶりに自転車に乗ったんですよ。そこが見どころです! ちゃんと漕げてる感!!

水戸:漕げてる感!?

鹿目:でも、このMVって最初にここたんが自転車乗りながら歌って、そこの1番最初のここたんの歌は結構下手じゃないですか? でも、後半の落ちサビ前のここたんの歌は上手に歌えてるから、曲中で成長が楽しめるじゃないかなって思っています。

――なるほど、1曲の間にすごいですね。

水沢:そうなんです。

鹿目:ライブでもそうしてほしい(笑)

三浜:やっぱり、サビの歌詞が、MVやライブだと、音が入ってると結構早口だから、最初聞いたときに「何て歌ってるんだろう?」ってなる人も多いと思うんですけど、音なしで歌詞だけ見ると、すごいエモい事を言ってて。ライブでは盛り上がって楽しい曲で、でも1人で聞くとエモさを感じる~みたいな部分がギャップがあるような感じで、そこも楽しんでもらいたいです。

水戸:私が歌ってる「~未来予想とかバカじゃない?」っていうフレーズがあるんですけど、さっきも言ったようにベボガ!はファンが0人のところからスタートして、メジャーデビューって私たちの中で目標としてた事で、それが叶ったってことは、「叶いっこない」って何で分かるのって言える状況になったんじゃないかなって、今すごく思います。

鹿目:さらに上の未来予想とかもあるから、これからまだまだなんだぞっていう。

水戸:うん、どこかに行きたいっていう気持ちも、これからの事についても言えるんじゃないかなって思える歌詞です。

葉月:見どころは、振り付けなんですけど。「Be!」と書いて「ベ!」とも読むじゃないですか。「ベベベ」っていっぱい入ってて、アッカンペーの「ベー」みたいな振り付けがあって。アッカンベー的な要素というか、ベーというところも見どころなので。

鹿目:かわいい振り付けね。

葉月:うん、かわいい

【「エモさあふれる『Be!』でベボガ!がメジャーデビュー!!」後編に続く】(ザテレビジョン

メジャーデビュー間近のベボガ!にインタビュー