(C)Suzanne Tucker / Shutterstock
(C)Shutterstock

プロ野球が開幕し、毎日のように熱戦が繰り広げられている。プロ野球ファンはひいきのチームの勝敗に一喜一憂しながら過ごし、期待の選手に声援を送る。そんななか、かつて日本中から声援を送られていたあの選手が、今季初登板で珍記録をしたことが話題になっている。

話題の主は北海道日本ハムファイターズ斎藤佑樹だ。4月7日東京ドームでおこなわれた千葉ロッテマリーンズ戦に先発登板すると、初回に押し出し死球で先制点を許し、このイニングだけで合計4四死球と不安定な立ち上がりを見せた。さらに四回には全て四球で出塁を許し、二死満塁のピンチを招いたところでマウンドを降りた。内容は3回2/3で無安打1失点だった。

ここから分かるように、安打を許さなかったものの8四死球で1失点という珍しい結果を残したのだ。

 

斎藤佑樹が珍記録「ノーヒットノーコン」でトレンドワード入り

あり得ない投球内容でバズる

この珍記録はインターネット上で話題になり、ツイッターでは多くの関連投稿がされた。

ロッテ相手なら勝てるだろと斎藤佑樹を投げさせる栗山監督の親心vs斎藤佑樹相手なら打てるだろと清田を起用する井口監督の親心対決!》
斎藤佑樹を舐めてはいけない。この人、何年ロッテ相手でメシ食ってると思ってるんだ!》
斎藤佑樹さん 3 2/3回無安打ながら8四死球1失点でKOというミラクルを起こしてしまう》
《四死球で走者出してるのに未だ被安打0の斎藤佑樹さん》
ヒット1本も打たれてないのに満塁なんですが》
ロッテ、ノーヒット斎藤佑樹ノックアウト?》

こうした皮肉交じりの投稿で、ツイッターのトレンドランキング入りをしてしまった。

斎藤佑樹は「打たれたくない意識が強くなってしまったのかもしれません。少し慎重になり過ぎました。先発投手の責任を果たせず、悔しいです」とコメントを残したが、翌日に二軍行きとなってしまった。

この試合を見た解説者は「よく1点で収まったと思う。ストライクゾーンで勝負できないのだから野球にならない」、「肉体改造に取り組んでいると聞いていたが、肩、股関節の稼動域が狭く見えた。怪我と向き合っている松坂大輔よりも使えていない。」、「結果を出さなくてはならないという緊張感もベンチの期待感もあったのだろう。ただ、いまの状態で先発のチャンスをもう一度与えるのは厳しい。年々、悪くなっているという印象さえ受ける」などと厳しい。

ネット上では《今日の斎藤佑樹さんのことを「ノーヒットノーコン達成」って言うのセンスある》なんて投稿もあったが、これらの評価を覆すことができるかは斎藤次第だ。

 

【画像】

(C)Suzanne Tucker / Shutterstock

(C)Shutterstock