映画『北朝鮮ロックした日 ライバッハ・デイ』が6月下旬から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

同作は、スロベニア出身でナチスを思わせるパフォーマンスが特徴のロックバンドLAIBACHが、北朝鮮が日本の植民地支配から解放されたことを祝う「祖国解放記念日(リベレーション・デイ)」に海外から初めて招かれ、2015年ライブを行なうまでの一週間の模様を追ったドキュメンタリーミーナ・シュピラル(Vo)が北朝鮮ヒット曲や民謡をカバーすることを提案したり、禁止されているにもかかわらず、バンドリーダーであるイヴァン・ノヴァックが勝手に町を散策したりする様子などが映し出される。監督はウギス・オルテとモルテン・トローヴィクが務める。原題は『LIBERATION DAY』。

公開されている予告編では、LAIBACHパフォーマンスの様子や、北朝鮮に着いた初日にメンバースタッフが機材を全て没収される場面、会場スタッフと会話が噛み合わないシーン、「ライバッハは国や政府で差別しない」と語る様などが映し出されている。

『北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ』 ©VFS FILMS / TRAAVIK.INFO 2016