インディアンスクルーバーが8回13K無失点の快投、5日前には大谷から被弾していた

 米大リーグインディアンスコーリー・クルーバー投手が9日(日本時間10日)のタイガース戦で8回2安打無失点と圧巻のピッチング。昨季のサイ・ヤング賞右腕がほぼ完ぺきな内容を披露した。前回登板の4日(日本時間5日)エンゼルス戦で大谷翔平投手から衝撃の一発を被弾していたクルーバー。MLB公式ツイッタークルーバーの快投を動画で公開。右腕への称賛と同時に、「彼はオオタニに打たれた特大の一撃を見上げるしかなかった」など大谷への賛辞の声が相次いでいる。

 MLB屈指の右腕がタイガース打線をねじ伏せた。スライダーで、カーブで、ツーシームで。8回13奪三振の快投で今季初勝利を挙げた。散発の2安打で、二塁を踏ませない。まさに完璧な内容。昨季18勝で2度目のサイ・ヤング賞に輝いた力をこれでもかと見せつけた。

 こうなるとクローズアップされるのが、5日前の大谷との対戦だ。日本が誇る“二刀流の怪物”は、クルーバーの外寄りの直球を完璧にとらえ、中堅の左に運ぶ2号2ランを放っていた。超一流投手からの一撃で、周囲の評価をグンと上げたが、この日のクルーバーの投球がまたその価値を高めたようだ。

クルーバーについていくのは不可能?」「いや、可能だ。オオタニが!」

 MLBは「コーリー・クルーバーについていけるか?不可能だ」とつづり、この圧巻の投球を高く評価。ファンからは「彼がメジャーを代表するピッチャーの一人であることに疑いの余地はない」「彼を完全に打ち取れる選手は、そう多くはないだろう」などと称える声が上がる一方で、改めて大谷への賛辞も相次いだ。

「いや、可能だ。オオタニが!」

「すでに彼はオオタニに捕まった」

素晴らしいのは間違いないが、日本から来た怪物に喰われただろう」

「オオタニは、できた」

「彼はオオタニに打たれた特大の一撃を見上げるしかなかった」

 MLBファンにとっても、あの衝撃の一発はなかなか忘れることができないようだ。「クルーバー対大谷」。次回の同カードは8月だが、対戦が待ちきれない。(THE ANSWER編集部)

インディアンスのコーリー・クルーバー【写真:Getty Images】