株式会社 学研ホールディングス東京品川/代表取締役社長宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス東京品川/代表取締役社長 秀行)は、『いきもの最強バラエティー ウソナンデス~ぼくたち、かんちがいされています!~』(定価:本体900円+税)を4月12日(木)に発売いたします。
▲記者と証言者の会話方式で進行。パンダはササ専門じゃないんです。

知っておきたい「不名誉」なかんちがいも。
ブチハイエナは「卑怯」の代名詞のようになっていますが、実は狩りが上手。ではなぜ「食べ残しを横取りする」という悪いイメージがついたかというと…なんと、横取りしていたのはライオンの方! ライオンのような強い動物にえものをとられ、しかたなく食べ残しを食べていたのです。食べ物を取られたうえに、「卑怯」だと思われる、なんとも悲しいかんちがい…。

▲悲しきかんちがい…。ブチハイエナの訴えを聞いてください!

暴なカバ、実は仲間はずれの「一匹」…意外なギャップもあるんです!
ウソとまでいかなくとも、世間がもっているイメージとはちがういきものもたくさん。のんびりしていそうで実は暴なカバクールイメージだけど実は仲間はずれな「一匹」など、意外なギャップや真実のすがたが続々登場!

▲実はたくさんある、イメージとの意外なギャップ。オオカミも苦労してるんです。

くないのにどうしてシロサイ? …名前の由来、かんちがいなんです!

かんちがいはいきものの名前にも! ワイド(広い)をホワイトい)とかんちがいされて名づけられたシロサイネズミじゃないのにハリネズミ…トホホな命名エピソードを紹介!

▲名前の由来はまさかの聞き間違い!? 意外と多いトホホなネーミング事件

◆ほかにもまだまだあるんです!

伝説ドラゴンとかんちがいされたコモドオオトカゲのような「ウソだと思われたいきもの」、いきものによる「かんちがい座談会」、意外と間違える?「かんちがいしてそうクイズ」など、いきものの「かんちがい」に関する情報が盛りだくさん!
愉快なウサギ記者の前にはたくさんの言者が現れ、ついには絶滅した恐竜も登場…!?

▲発見物語は過去の記事風に紹介。先入観をのりこえて発見されたいきものたち5種の独白。

かわいいイラストと軽妙なかけあいで、クスリと笑いながらサクサク読めます。
「かんちがい」を通して意外と知らない生態もわかる、いきものがもっと好きになる一冊です。

[商品概要
いきもの最強バラエティー ウソナンデス~ぼくたち、かんちがいされています!~
定価:本体900円+税
発売日:2018年4月12日(木)
:B6/176ページ
電子版:なし
ISBN978-4-05-204725-1
発行所:(株)学研プラス
図鑑のポータルサイト学研の図鑑くらぶ」:http://zukan.gakken.jp
学研出版サイトhttps://hon.gakken.jp/


【本書のご購入はコチラ】
Amazon  https://www.amazon.co.jp/dp/4052047257
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15386543/
セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1106864445
学研出版サイト https://hon.gakken.jp/book/1020472500









配信元企業株式会社 学研ホールディングス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ