好きで付き合っているはずの恋人――。こっちはその気でも、彼が本当に自分を好きかどうか、男性の気持ちがわからないことってないでしょうか。

たとえば付き合っている彼が一回りも年上である。付き合っている彼が上司である。そんな場合って、付き合っていても彼の気持ちがなかなか見えず、つい不安を抱いてしまいませんか。

でも、彼は彼なりにあなたのことを考え、きちんと愛情を示してくれているかもしれません。そこで今回は、本気な彼から見られるLINEの特徴を挙げてみたいと思います。

LINEを送る時間に気を遣っている

友達ならいつどんな時だって、気にせずLINEを送れますよね。もちろん、なかには好きな人にも同じように接しているカップルもいるかもしれません。でも、好きな人は友達以上に大切にしてあげたい存在のはず。

たとえばあなたが仕事中なら、「いま連絡を取ったら迷惑かな」と感じて、安易に連絡を取るのは避けるとか。

どうしても連絡を取らなければいけない用事ができたときには、「仕事中にごめん」「お疲れ様」と、相手を気遣う言葉が必ず見られるでしょう。

そのため、お互いの就寝前にLINEを送ったり、あなたの仕事が終わったであろうタイミングで、LINEを送ってくる男性も多いと思います。

すべてはあなたのことを大事に思っているからこそ――。配慮が行き届いている男性は、それだけあなたのことを考えてくれていると見て、間違いないでしょう。

相手に合わせた顔文字スタンプを使う

好きな人は、特別な存在です。それだけ影響も強く受けるでしょうし、好きな人の趣味や好みが似てくる人も多いのでは。

好きな人が優しい性格なら、自分も周りに優しく接しようと思うもの――。夫婦が一緒に過ごしているうちに似てくるように、それはカップルにも同じことが言えるかもしれませんね。

そうした様子は、LINEからも垣間見えると思います。たとえば、あなたが使っている顔文字と、似たような顔文字を彼が使ってくるとか。
口調を似せて使ってくるのも、同じ傾向かもしれませんね。

わざと似せて送っているのか、無意識レベルなのか、それは本人のみぞ知るところですが――。彼の気持ちはこうしたところからも見えてくるかもしれません。

自分の気持ちをストレートに伝える

ストレートに気持ちを伝えられるのは、それだけ相手に対する気持ちもハッキリしている証拠です。

たとえば「会いたい」「〇〇日、予定ある?」と、デートの誘いをこぎ着けるのもしかり。

「寂しい」「声が聞きたい」「エッチしたい」と、自分の気持ちを赤裸々に伝えることもそうでしょう。

まどろっこしい表現はせず、ストレートに物事を言えるのは、ふたりの仲がほかの何よりも関係が近い恋人だからです。

素直に相手を求めたくなるのは、やはりそれだけ惚れているからでしょう。

いまはまだ彼の気持ちが分からなくても、こうしたポイントが見られるのなら、彼は間違いなくあなたのことが好きだからです。

少しずつ彼の気持ちに寄り添いながら、彼が何を考え、何を思っているのか。焦らず、理解を示していけるといいですね。(柚木深つばさライター

(愛カツ編集部)

attractive asian woman lifestyle image