Appleが世界各地にあるAppleの施設が100%クリーンエネルギーで電力をまかなっていることを発表。

Apple Store、オフィスでも100%クリーンエネルギー使用

アメリカイギリス、中国、インドなど世界43カ国にある直営店。オフィスデータセンターそして共用施設も含まれているそうです。 さらに、9社の製造パートナーが新たに100%クリーンエネルギーで製造を行うことを発表。クリーンエネルギーでの生産を約束したサプライヤーの数は合計で23社となりました。

Apple CEO(最高経営責任者)、ティム·クック コメント

「私たちは自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに全力で取り組んでいます。何年にもわたり努力を重ね、ようやくこの意義深い数字に到達することができたことを誇りに思います。私たちの製品に使われている材料、そのリサイクル方法、私たちの施設、そしてサプライヤーとの取引において可能なことの限界を今後も押し広げ、新しい創造的かつ未来志向の再生可能エネルギー源を確立するつもりです。なぜなら、未来はそれに依存していることを私たちは知っているからです」

引用元:Apple、 再生可能エネルギーで 世界的に自社の電力を100%調達

クパティーノにある新社屋、そして日本でも

カリフォルニア州パティーノにあるAppleの新しい本社、Apple Parkでは17メガワットのオンサイト屋上太陽光パネル設備や4メガワットのバイオガス燃料電池を含む複数のエネルギー源から100%再生可能エネルギーで電力をまかなっています。 日本でも、Appleは地元の太陽光発電会社、第二電力株式会社パートナーシップを組み、300基以上の屋上太陽光発電システムを設置する計画。毎年発電される18,000メガワットアワーのクリーンエネルギーは3,000戸以上の日本家屋に電力を供給できる量です。 Apple

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.