ドレイクの「ゴッズ・プラン」が11週の首位を死守した、今週のビルボード・ソング・チャート。

 2016年リリースした「ワンダンスfeat.ウィズキッドカイラ)」の通算10週を上回り、自己最高の首位獲得総週を更新したドレイク。初登場1位デビューした曲としては、1997年のパフ・ダディフェイスエヴァンスによる「アイル・ビー・ミッシング・ユー feat. 112」と並ぶ記録で、その上には同年に爆発ヒットを記録したエルトン・ジョンの「キャンドル・イン・ザ・ウインド」(14週)と、1995年マライア・キャリーボーイIIメンによる「ワンスウィート・デイ」(16週)がある。

 通算11週のNo,1獲得を果たした曲には、エルヴィス・プレスリーの「ハウンド・ドッグ」(1969年)、オールフォーワンの「アイスウェア」(1994年)、トニ・ブラクストンの「アンブレイク・マイ・ハート」(1996年)、デスティニーズ・チャイルド「インディペンデント・ウーマン Part 1」(2000年)、前述の「アイル・ビー・ミッシング・ユー」の5曲があり、「ゴッズ・プラン」はそれらに続く6曲の快挙。R&Bチャート、ラップ・チャートでも、同11週1位獲得を果たしている。

 その記録に迫るビービー・レクサとフロリダ・ジョージアラインの「メント・トゥ・ビー」は2位に停滞となったが、エアプレイ・チャートでは先週の2位から1位に浮上し、カントリーソングとしては2010年レディアンテラムによる「ニード・ユー・ナウ」以来の快挙を達成した。また、カントリーソング・チャートでは通算19週のNo,1にき、歴代3位に記録を更新した。その上には、同曲のフロリダ・ジョージアラインによる「クルーズ」(2013年)の24週と、サム・ハントの「ボディ・ライク・ア・バックロード」(2017年)がもつ34週がある。

 3位には、3月に初登場2位デビューしたポストマローンの新曲「サイコ feat. タイ・ダラーサイン」が再浮上。ストリーミングが上昇した理由として、3月22日開したミュージックビデオの視聴回数が上昇していることが挙げられる。同曲は、間もなくリリースされる予定の、2ndアルバムからのシングルで、昨年リリースした1stシングルロックスターfeat.21サヴェージ」は通算8週のNo,1獲得を果たしている。アルバムの大ヒットも間違いないだろう。

 4位にデビューしたのは、ザ・ウィークエンドの新曲「コールアウト・マイ・ネーム」。今週のアルバム・チャートで初登場1位を獲得した『マイ・ディア・メランコリー』の1曲を飾るリードトラックで、ストリーミング・チャートで2位、セールス・チャートでは36,000ダウンロードを記録し、8位にデビューしている。TOP10入りは、今週15位にランクインしているケンリックラマーとのコラボソングプレイフォー・ミー」に続く8曲。その2曲の他にも、アルバムに収録されている「トライ・ミー」が26位、「ウエステッドタイムス」が27位、「アイ・ワズ・ネヴァー・ゼア」は35位、「ハート・ユー」が43位、「プリヴィレッジ」が52位と、全6曲を100位内に送り込んだ。

 アルバム『カルチャーII』から3曲シングルとしてリリースされた、ミーゴスの「ウォーク・イット・トーク・イット feat. ドレイク」は先週の15位から10位へランクアップし、通算4曲TOP10入りを果たした。本作からは、1stシングルの「モーター・スポーツ」が6位、2ndシングルの「スティア・フライ」が8位を記録し3曲連続でTOP10入りした。フューチャリング・ゲストドレイクは、1位の「ゴッズ・プラン」だけでなく、5位に上昇したブロックボーイJBの「ルック・アライブ」と計3曲をTOP10にランクインさせている。「ウォーク・イット・トーク・イット」で通算24曲TOP10入りを果たし、歴代10位に浮上したドレイクTOP10獲得数の上位3者は、ビートルズ34曲、エルヴィス・プレスリー37曲、そしてマドンナの38曲となる。

※関連リンク先のビルボード・チャートの掲載は、4月11日22時以降予定となります。

◎【Hot100トップ10
1位「ゴッズ・プランドレイク
2位「メント・トゥ・ビーfeat.フロリダ・ジョージアライン」ビービー・レクサ
3位「サイコfeat.タイ・ダラーサインポストマロー
4位「コールアウト・マイ・ネーム」ザ・ウィークエンド
5位「ルック・アライブ」ブロックボーイJB
6位「ザ・ミドル」ゼッド、マレンモリス、グレイ
7位「パーフェクト」エド・シーラン
8位「フィネスfeat.カーディ・B」ブルーノ・マーズ
9位「フリーキー・フライデー」リル・ディッキー
10位「ウォーク・イット・トーク・イット」ミーゴスfeat.ドレイク

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ゴッズ・プラン」1位で記録更新、ザ・ウィークエンド新曲は4位デビュー