J1札幌のFW都倉が決めたオーバーヘッド弾の反海外にも到達

 サッカーJリーグで生まれた芸術的バイシクル弾。札幌のFW都倉賢が、名古屋戦でJリーグ史に残りそうなゴールを決め大きな話題を呼んでいたが、その後海外メディアもこのゴール報道放送局「ESPN」のラテンアメリカ版が「ケントクラロナウド真似てみせた」と報じるなど反海外にも拡大している。

 まさにCロナ!? 札幌イケメンFWが美しく舞った。1-0で迎えた後半24分、元イングランド代表FWジェイが左サイドからふわりと上げたクロスに反応した都倉。ゴールに背を向けた体勢だったが、ストライカーとしての嗅覚が働いた。

 反動をつけて高く飛び上がると、そのまま左足でのオーバーヘッドシュートを放った。驚異的な体勢からの一撃に、GKも懸命に飛びつくが届かない。見事にゴールネットを揺らした次の間、札幌ドーム中が大歓に包まれた。

 チャンピオンズリーグ準々決勝でレアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウドが決めた衝撃の一撃を彷彿とさせるバイシクル弾。ESPNは「もがクリスティアーノ・ロナウド真似したいと願う。日本では、ケントクラが、ポルトガル人がユーベに対し実行したゴール真似てみせた」と報じ、ゴールシーン動画開している。

 の肥えた南メディアも注したスーパーゴール。「ケントクラ」の名が一躍、世界にも知れ渡った。(THE ANSWER編集部)

札幌のFW都倉賢【写真:Getty Images】