スイス ジュネーブの独立時計ブランド アーティアは、著名な彫ブラム・ラモンとコラボレーションした「アラベスク2 クロノ トゥールビヨン モノプッシャー」をバーゼルワールド 2018でリリースしました。

バーゼルワールド2018新作 アーティアのアラベスク2 クロノトゥールビヨン

2015年世界で初めてグレード5チタン64チタン)に手彫りを施したトノーケースを採用した “アラベストゥールビヨン” を発表したアーティアは、すぐにファーストモデルえるセカンドモデルの開発に着手した。

現時点で、アーティアはこの分野の優れたマスターピースを発表できる世界一のブランドであろう。
チタンの3倍という非常に高い硬度を有する64チタン手彫りを施すことは、王室御用達職人の伝統工芸としては成立するであろうが、高度な技術を要する上、とにかく製作に時間がかかり過ぎる。つまり、もやりたがらないことなのだ。
2015年に発表された初代アラベスク・トゥールビヨン

この時計ケースは、“マスター エングレイバーブラム・ラモンが、64チタン手彫りと24Kゴールド嵌(ぞうがん)を施したもので、ゴシックアートの影を受けながら、革新的なテクニックアーティアのために再び使用している。

この手彫りの模様は、彼の極めて優れた業績であるが、専門達が本当にを引くのは、時計製造で初めて64チタンを彫したということある。非常に高い硬度を有する64チタンは、既に時計製造に使用されているが、この素材に彫を施すということは、全く経験にそぐわないアイディアである。しかし、それこそがイヴァン・アルパを惹きつけたアプローチであった。

64チタンは衝撃、腐食、温度などに強く、性の絶対的な素材として販売されています。しかし実際には、これまで一般的に使用されてきたなどの素材べて、加工に関して少し問題があることも事実。それを臨床的に機械加工する代わりに、芸術作品の制作に利用することができるということを、私は実したかったのです。」
バーゼルワールド2018モデルはモノプッシャー機構のクロノトゥールビヨン

アラベスクのモチーフは、歴史的な銃器に刻まれたフローラパターンからインスピレーションを得ている。
「私は西洋から発想を得ました。」と彼は説明する。「私は、彫されたライフルのストックがあることを発見しました。それらのパターン璧でした。私は、同じスピリットでいくつかのパターンを描いてから、そのアイディアブラムと検証して、最終的に彼がリデザインしました。それらはこの素晴らしい時計を形作る重要な要素です。」
5日間のパワーリザーブを誇るフライングトゥールビヨン

ARABESQUE2 Chrono Tourbillon Monopusher は、5日間(110時間)という屈パワーリザーブを備えたフライングトゥールビヨンで制御された、スイスの伝統的なメカニカル モノプッシャー クロノ トゥールビヨンを動としている。

アーティアの複雑時計コレクション “ARTYA COMPLICATIONS” における最高レベルの基準を遵守するために、非常に多くの高度な仕事が行われている。このユニークマスターピースの誕生に魔法をかけたのは、素晴らしい外観を持つこのムーブメントである。
スケルトン化されたモノプッシャー機構のクロノトゥールビヨン

スペック
ムーブメント:スイス製手巻きフライングトゥールビヨン / 33石 / パワーリザーブ 110時間 / 21,600 振動/時
クロノグラフ:モノプッシャー式 / 30分計・60
ケース64チタン / アラベスクの彫 / 24Kゴールドインレイ / 縦 55mm x 横 45mm
ガラスサファイアクリスタル(両面反射防止コート) / オープンバック
トラップクロコダイル
3ATM防
生産スイス
限定: 世界限定1本
価格:35,000,000円(税抜)
裏面は鮮やかなブルーが目を惹くオープンバック

配信元企業株式会社グロバルブランディング

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ