現地時間9日朝、キャサリン妃が出産を予定しているセント・メアリー病院付近の道路で、駐車規制が開始された。セント・メアリー病院はロンドンの中心地で、国会議事堂やバッキンガム宮殿のあるロンドン特別区ウェストミンスターにある。キャサリン妃が出産でセント・メアリー病院を利用するのは、ジョージ王子とシャーロット王女の出産時に続き、今回で3度目。また、ウィリアム王子とヘンリー王子の誕生した病院としても知られている。

【写真を見る】第3子出産は秒読み段階?入院予定の病院が厳戒態勢に!

キャサリン妃の入院が予定されているのは、病院敷地内中央部に位置し、正面玄関のあるリンド棟。9日朝より、エントランス正面の道路、サウス・ワーフ・ロードに駐車規制が敷かれ始めた。看板には「4月9日から30日まで」とあるが、この期間のご出産を見込んでのことか、あるいは既に何らかの兆候があって急遽規制を敷いたのかは明らかにされていない。キャサリン妃の予定日は23日頃というのが大方の予測なので、予定日よりも早めの出産を想定しての準備の可能性も高い。

リンド棟にあるメインエントランスの周囲には鉄柵が運び込まれ、玄関をぐるりと取り囲むように設置されている。この報せを聞きつけたロイヤルファンたちは、早速リンド棟前に駆け付け英国旗やキャサリン妃のお面などのロイヤルグッズを持ち込んで、記念撮影にいそしむ姿も見受けられた。過去には、病院の玄関前に熱狂的ファンが数日間キャンプをしていたこともあったので、今回もそのような現象がみられるかもしれないが、とにもかくにもキャサリン妃の無事なご出産を願いたい。(Movie Walker・UK在住/シャオ

第3子妊娠中のキャサリン妃