熊本を拠点に"寄付するクリエイティブ・エージェンシー"として活動する一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO(所在地:熊本県熊本市、代表 佐藤かつあき)は、熊本地震で崩落した阿蘇大橋をイメージした「あやとりの橋」を、たくさんの人に作ってもらい、写真に残す「BRIDGE AYATORI CHALLENGE」を続けてきました。これは被災地を応援するキャンペーンで、「橋は無くなっても、私たちはつながっている」というメッセージをこめています。
熊本地震から2年を迎える2018年4月、これまで集めてきた「あやとりの橋」の写真を展示する「1000人のあやとり写真展」を、東京・熊本で同時開催します。

■「BRIDGE AYATORI CHALLENGE」について
BRIDGE AYATORI CHALLENGEは、熊本地震で崩落した阿蘇大橋をイメージした「あやとりの橋」を、たくさんの人に作ってもらい、写真に残してきました。これは被災地を応援するキャンペーンで、「橋は無くなっても、私たちはつながっている」というメッセージをこめています。

私たちは、つながっている。
本物の橋は、すぐにかけられないかもしれない。
でも、創造の橋は、すぐにでもかけられる。

熊本県知事のあやとり写真も



■「BRIDGE AYATORI CHALLENGE 1000人のあやとり写真展」について
熊本地震から2年を迎える2018年4月、これまで集めてきた「あやとりの橋」の写真を展示する「1000人のあやとり写真展」を、東京・熊本で同時開催します。
また、東京会場では、震災をキッカケに生まれたプロジェクトの展示も行います。

◎東京会場

期間:4月14日~15日11:00~18:00
会場:IID世田谷ものづくり学校1階ギャラリースペース

料金:入場無料

コンセプト
世田谷展示のイメージ


■一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO 代表理事 佐藤かつあきより
これまでに「あやとりの橋」を1,000人以上の方にやっていただき、写真を残してきました。やる方も、やってもらう方も、最初は「何だこれ?」と思いました。
でも、一度やってみると、自然とみんなが笑顔になって、たくさんの人が足を止めてくれることになりました。老若男女問わず、海外の人たちにも、たくさんキャンペーンに参加してもらいました。
たった1本の糸で紡ぐ「あやとり」が、非言語コミュニケーションにもなり、思いまでも表現してしまう、人間の創造力の豊かさを、改めて感じました。
熊本を応援する、みんなの笑顔をぜひご覧ください。

熊本地震から、ちょうど2年。

橋がなくても、私たちはつながっています。
いまも被災地でご苦労をされている皆さまへ。

■一般社団法人BRIDGE KUMAMOTOについて

熊本地震をきっかけに設立された「クリエイティブの力で復興を後押しする」復興支援団体です。

ブルーシードバッグ」プロジェクトは、2017年グッドデザインBEST100&特別賞[復興デザイン]を受賞しました。
Webサイト http://bridgekumamoto.com/

配信元企業:一般社団法人 BRIDGE KUMAMOTO

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ