メキシコを代表する俳優ガエルガルシア・ベルナルが主演を務め、交響楽団の舞台裏をコミカルに描いたAmazon Prime Originalアマゾン・プライムオリジナル)の『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』。今年2月より配信中のシーズン4をもって幕を閉じることが決定した。米Varietyが報じた。

【関連コラム】 『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』シーズン4、ガエル・ガルシア・ベルナル直撃インタビュー 

実在するプロのオーボエ奏者ブレア・ティンドールクラシック業界の裏側を綴った小説『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル セックスドラッグクラシック』を原作としている本シリーズは、オーケストラ団員たちの「本当の姿」を題材としたコメディ。エキセントリックな天才指揮者ロドリゴ(ガエル)がニューヨークシンフォニーに就任し、オーボエ奏者のヘイリー(ローラ・カーク)が彼のアシスタントに指名されるところから物語はスタート。二人の恋愛模様や、一癖も二癖もある音楽家たちの日常をコミカルに描き高い評価を得た。第73回ゴールデン・グローブ賞ではコメディミュージカル部門作品賞と男優賞を受賞している。

世界を舞台に活躍する楽団の話のためメキシコイタリアでのロケも行われたが、シーズン4では日本を舞台にしたエピソードが製作され、昨年の夏にはガエルを含むキャストが来日したことでも話題になった。そのため、シーズン4には『HEROESヒーローズ』で知られるマシ・オカや、加瀬亮、藤谷文子、原田美枝子をはじめとする、豪華日本人キャストも出演している。

今回の打ち切りを受け、製作総指揮のポールワイツ(『アバウト・ア・ボーイ』)、ウィル・グレアム(『アルファハウス』)、ロマン・コッポラ(『ダージリン急行』)、ジェイソン・シュワルツマン(『グランドブダペストホテル)らは声明を発表し、「私たちはこのシリーズのために制作した4シーズンをとても誇りに思い、キャストスタッフファンの皆さん、そしてAmazonがこの交響曲を私たちと共に綴ってくれたことに感謝します。これからもずっと人々がこの番組を見続けてくれることを願っています」と4シーズン続いた本作への想いを語った。

モーツァルト・イン・ザ・ジャングルシーズン1からシーズン4は、Amazon Prime Videoで配信中。(海外ドラマNAVI

★第9回海外ドラマNAVI勝手にアワード開催中!お気に入り作品・俳優・声優に投票して豪華プレゼントを当てよう!投票はこちらから

Photo:Amazon Prime Originalアマゾン・プライムオリジナル)『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル