本日4月10日に開催された東京・杉並学院高等学校の入学式にKEYTALK松岡修造がサプライズで登場し、ライブを行った。

【大きな画像をもっと見る】

この企画は松岡とKEYTALKが参加するサントリーC.C.レモン」のキャンペーン「若者よ、ガンバレモン!! 3000人のPOWER SONG PROJECT」の一環として、新入生を応援するために行われたもの。職員が「皆さんのお祝いに“熱い”方々が駆けつけてくれています!」とアナウンスすると、体育館のステージを覆う緞帳が左右にゆっくりと開き、松岡と楽器を持ったKEYTALKメンバーが現れた。突然の出来事にどよめく会場に向かって松岡が「新入生の皆さん、入学おめでとうガンバレモーン!」と叫ぶと、彼らはKEYTALKが制作した「C.C.レモン」のキャンペーンソング「Cheers!」を披露。間奏では松岡が「新しいスタートが始まる。だからこそ、もっと熱くなろう!」「大丈夫! 君ならできる!」と熱いメッセージを学生に伝えた。

これまでも「C.C.レモン」のキャンペーンに参加してきた松岡は「僕は今まで『C.C.レモン』でいろんなことやってきたけど、もっと本格的に歌で皆さんを応援したいと思っていました。その思いを叶えてくれたのが、KEYTALKの皆さんです!」とKEYTALKを紹介。KEYTALKメンバーは「入学おめでとう!」と新入生にお祝いの言葉を贈った。小野武正(G, Cho)は自身の入学式を「相当緊張しましたよ」と振り返り、「僕は高校のときにドラムの八木くんと出会いました。高校のときに出会った友達は一生ものです。皆さんにも楽しい高校生活を送ってほしいなと思います。今日は『悩んだりしたときも1人じゃないよ。友達がいるんだよ』という思いで、皆さんを“Cheer”する曲を演奏しにきました」とコメント。松岡は「なぜ今回KEYTALKコラボをお願いしたかと言うと、KEYTALKの詞の中には若者たちが前に進んでいけるような言葉が入っているんです」とコラボに至った理由を語る。松岡が「『Cheers!』の歌詞に出てくる『シュワっと』ってどういう感覚でしょう?」と楽曲の作詞作曲を手がけた首藤義勝(Vo, B)に尋ねると、首藤は「『不安なことも全部忘れて発散しよう』という思いで書きました」と答えた。

その後松岡は生徒と保護者を席から立たせ、手を左右に振るといった「Cheers!」のキャッチーな振り付けをレクチャー。そして松岡とKEYTALKが「新しいスタートを楽しもうぜ!」という言葉と共に再び「Cheers!」を熱唱すると、生徒と保護者も振り付けを楽しみ会場は1つに。歌い終えた松岡は息を切らしながら「俺は50歳なんだけど、すごく刺激的な時間を過ごせました」と笑顔を見せ、小野は「好きなことがあるなら、それを突き進んでやり続けたほうがいい。僕がそうだったので」と新入生に言葉を届けた。最後に彼らは生徒と記念写真を撮り「みんな、ガンバレモーン!」と拳を突き上げる。入学式が終わると松岡は生徒とハイタッチを交わして彼らの退場を見送り、最後まで学生にエールを送っていた。

東京・杉並学院高等学校の入学式で「Cheers!」を披露する松岡修造とKEYTALK。