(画像は「テレ東プラス」のスクリーンショット

9日、『世界!ニッポン行きたい人応援団』(テレビ東京系)の2時間スペシャルが放送され、煎餅をこよなく愛するイタリア人女性・クラウディアさんを日本に招待。各地の煎餅を巡る旅に密着した。

■煎餅を自作して振る舞うマニア

同番組は、日本に行きたくてたまらない外国人を世界各国で探し、日本に招待するバラエティ番組。

クラウディアさんは、ネットで作り方を研究して、自分流の煎餅を作るほどのマニアであり、煎餅以外にも、寿司や味噌汁お好み焼きなど日本食を作る趣味もある。煎餅にドハマリしたきっかけは、友人の東京土産でもらった煎餅が美味しすぎたからだそう。

50回以上も煎餅を自作しており、パリッと仕上がるまでに研究を重ねていた。日本の煎餅を食べたい気持ちが強く、職人に会ってみたいとの熱意も。

■きっかけは『歌舞伎揚』

日本に到着して最初に向かったのはスーパーお菓子コーナー。そこで『歌舞伎揚』を見つけ、袋の外から匂いを嗅ごうとするほど興奮するクラウディアさん。彼女が煎餅を愛するきっかけになった商品なのだ。

歌舞伎揚は丸型と四角型の2パターンのフォルムがあり、「表面に歌舞伎役者の伝統的な家紋がそれぞれ描かれているの」と豆知識を披露。

丸形には丸に二つ引、四角型には三枡が描かれていることは日本人でも知る人は少なそう。かつては今より生地が固かったので、家紋がはっきりと見えていたのだとか。そんな知識を仕入れているとは、なかなかにガチな煎餅オタクだ。

■草加煎餅の老舗を見学

クラウディアさんが最初に向かった煎餅屋は、埼玉県草加市にある明治40年創業の『小宮のせんべい』。

さっそく、味見してみたクラウディアさんは「歯ごたえがあって、醤油の味がわずかにします」と、醤油の味が優しいことに驚いた。うるち米を活かすために、醤油の味を強くしすぎないように注意しているそうだ。

煎餅の生地工場の見学を経て、醤油は生地に練り込まないことを知って感動するクラウディアさん。焼く前に醤油をつけてしまうと焦げて苦くなってしまうそうだ。

視聴者の中には草加煎餅の思い出を語る人も。

■兵庫の揚げ煎餅屋を訪問

(画像は「テレ東プラス」のスクリーンショット

次に、兵庫の揚げ煎餅屋『TAKAMIOKAKI』を訪れるクラウディアさん。たっぷりの油を使って揚げるが、サクサク食感でさらっとした味の大人気おかき

「蒸しと乾燥さえできれば、美味しくできます」と教えてもらう。1時間20分も蒸してやわらかくなった餅米をつき、型に入れ冷蔵庫で2日、乾燥機で2日、しっかり乾燥させるからこそ、揚げても油がそんなに染みこまないのだ。

こだわりのおかきの作り方を聞いて、思わず食べてみたいと感じる視聴者の声も。

■南部煎餅を知る

最後に訪れたのは、八戸で南部煎餅の伝統を守る昭和30年創業の『上館煎餅』。工場と自宅が隣り合わせの昔ながらのスタイルは、今ではここ1軒のみ。

南部煎餅の材料は小麦粉を使うと知ると、視聴者も思わず反応した。

南部煎餅を作る家族と意気投合したクラウディアさんは、醤油だしで鶏肉や野菜と一緒に煮る煎餅汁や、煎餅ピザで歓迎される。

南部煎餅手焼きセットお土産にもらって大喜び。感謝の気持ちを日本語で伝えるため、ローマ字で綴った手紙を読み上げる。日本人もなかなかいない煎餅愛をもったクラウディアさんに、癒やされる人も多かったようだ。

「今回の旅で一番学んだことは、働く人たちの伝統を大切にする強い想いでした。日本の煎餅はこれからも世界中から愛され続けると思います」と語るクラウディアさん。自作の煎餅作りにも、さらに熱が入ることだろう。

・合わせて読みたい→『YOUは何しに日本へ?』 エジプトから就活に来た男性の独特な新生活

(文/しらべぇ編集部・モトタキ

『歌舞伎揚』がきっかけ! 煎餅をこよなく愛するイタリア人女性が職人から学ぶ