『闇に香る嘘』など数々の著作が話題になっている江戸川乱歩賞作家・下村敦史さんの最新刊『黙過』が4月21日徳間書店より刊行されます。最新刊発売を記念し、4月25日(水)、渋谷・大盛堂書店にてゲストに話題の書店員・新井見枝香さんを迎えトークイベントサイン会を開催します。
「初めてデビュー作を超えることができた」という下村敦史さんの最新刊『黙過』は、移植手術、安楽死動物愛護など、生命の現場を舞台にした書き下ろしミステリーです。
話題の書店員・新井見枝香さんを聞き手にお迎えし、下村さんに本作への思いをたっぷり語っていただきます!
下村敦史さんのトークイベントサイン会は都内では初めての開催となります。
作品の魅力に迫る充実した時間をお約束します。ぜひお越しください。

下村敦史さん直筆メッセージ


イベント詳細
●日時:2018年4月25日(水)18:3020:00終了予定(18:00開場) トーク終了後、サイン会があります。
●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
●お席は自由席となっております。


イベント参加方法

4月21日(土)頃発売『黙過』(徳間書店・1728円・税込)を大盛堂書店にてご購入の方でイベント参加ご希望の方に、イベントサイン会整理券をお渡しします。
※録音・録画はお断りしております。
※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて『黙過』をお買い求め ください。
※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
※ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

イベントの参加予約方法・詳細は、こちらの大盛堂書店さんのホームページをご覧ください。
http://www.taiseido.co.jp/event20180425.html


下村敦史さんプロフィール   
1981年京都府生まれ。2014年に『闇に香る嘘』で第60回江戸川乱歩賞を受賞。デビュー作ながら数々のミステリランキングで高い評価を受ける。続々と意欲作を刊行し、『生還者』は第69回日本推理作家協会賞の長編及び連作短編集部門の候補になる。様々な社会問題テーマに緊張感に富んだエンターテインメント作品として仕上げる筆力から、今最も注目を集めている若手作家である。他の著書に『難民調査官』『サイレント・マイノリティ 難民調査官』の「難民調査官」シリーズ、『叛徒』『真実の檻』『失踪者』『告白の余白』『緑の窓口~樹木トラブル解決します』『サハラの薔薇』がある。
新井見枝香さんプロフィール
三省堂書店勤務の書店員。入社後、都内店舗、営業本部勤務を経て現在は神保町本店にて文庫売場を担当。新井さん独自の店頭やイベントでの様々な取り組みは大きな注目を集めている。無類の食いしん坊。著書に『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム)。

4/21発売「黙過」下村敦史著/徳間書店刊

『黙過』下村敦史/著
発売日:2018年04月21日予定
ISBN:978-4-19-864608-0
定価:本体1,600円+税
発行:徳間書店


あなたは必ず4回騙される――『闇に香る嘘』を超える驚愕!

“移植手術”は誰かの死によって人を生かすのが本質だ――新米医師の葛藤からはじまる「優先順位」。生きる権利と、死ぬ権利――“安楽死”を願う父を前に逡巡する息子を描いた「詐病」。過激な動物愛護団体がつきつけたある命題――「命の天秤」など、“生命”の現場を舞台にしたミステリー

『黙過』収録作
「優先順位」――意識不明の患者が病室から消えた!?
「詐病」――なぜ父はパーキンソン病を演じているのか
「命の天秤」――母豚の胎内から全ての子豚が消えた謎
「不正疑惑」――真面目な学術調査官が犯した罪
究極の選択」――この手術は希望か、それとも絶望か――


著者からのメッセージ
『闇に香る嘘』で第60回江戸川乱歩賞を受賞してデビューしてから約3年半。11作目。
初めて言います。初めて言えます。ようやくです。
『闇に香る嘘』を超える“衝撃のどんでん返し”をどうか味わってください!!
――下村敦史

配信元企業:株式会社徳間書店

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ