本田圭佑エリア外からの強烈ミドルで2戦連続“ゴラッソ”

 海外サッカーメキシコ1部パチューカの日本代表MF本田圭佑が14日(日本時間15日)、2戦連続ゴールを決めた。クラブ公式ツイッターが動画を公開。メキシコメディアも「ケイスケ・ホンダが試合をコントロール」と称賛している。

 リーグ戦のサントスラグナ戦。0-0の前半の25分だった。本田はゴールエリアのやや外で味方からの縦パスを受けた。巧みにトラップし、ゴール正面へボールを運ぶ。そして狙いすまして、左足を振り抜いた。エリアの外からの強烈なシュートだったが、見事ゴールの左隅に突き刺した。

 その6分後にはアシストも記録した本田はこれで2試合連続のゴールリーグ戦の後期15試合で7得点、6アシストと結果を残し続けている。

 スペイン紙「マルカ」のメキシコ版は「ケイスケ・ホンダの手によってトゥソス(パチューカの愛称)は試合をコントロールし始め、ゴールを脅かし始めた。25分の得点で試合を動かしたのはまさしく日本人だった」と称えている。

 ゴールを公開したクラブ公式ツイッターには、サポーターから「ゴラッソ!」の声も上がっていた。

 パチューカで確固たる地位を築く本田。ロシアW杯を目前に控える新生西野ジャパンでも、頼れる男への期待が高まってきた。(THE ANSWER編集部)

パチューカのMF本田圭佑【写真:Getty Images】