評論家西部邁氏が自殺するのを手助けしたとして、TOKYO MXテレビ子会社の社員・窪田哲学容疑者と会社員の青山忠司容疑者が自殺幇助の容疑で逮捕された。窪田容疑者は西部氏のレギュラー番組を担当、青山容疑者は同番組に西部氏の対談相手として出演したこともあった。今回の事件について、キー局の番組を手がけるプロデューサーA氏は、こんな感想を抱いたという。

「自分の担当番組出演者の自殺を手助けするというのは、なかなか想像できないこと。西部さんと容疑者の間には、何か特別なつながりや信頼関係のようなものがあったのかもしれない。テレビ局として、あるいは番組としてコンプライアンスを守るということを放棄してまで自殺を助けなくてはいけない、なんらかの理由があったのだとは思います。あくまでも個人的な意見ですが、テレビマンとしては考えられませんね」

 TOKYO MXといえば、同局で放送されていた『ニュース女子』にて沖縄の米軍基地反対運動を「テロリストみたい」などと表現し、放送倫理・番組向上機構BPO)が「重大な放送倫理違反」と指摘。同番組の放送が打ち切られるということもあった。『ニュース女子』はMX制作ではなく、スポンサーであるDHCが放送枠を買い取り、DHC子会社が制作していたものだが、この件についてもMXの“体質”が影響しているとの声がある。前出のプロデューサー・A氏がこう話す。

「西部さんの問題と『ニュース女子』の問題とを同じレベルで語ることはできませんが、私個人の感覚では、MXはコンプライアンスに対する意識が低い。いや、“意識が低い”というよりも、スタッフの個々の思想や感情、人間関係などが優先されているのかもしれません」

 さらにA氏は、あくまでも私見だということを前提に、MXのスタッフついてこんな意見を述べた。

「MXのスタッフは、なんらかの理由で、キー局で仕事ができなくなった人が多いというイメージです。言ってみれば“はぐれテレビマン”ですね。素行が悪いとか、勤務態度が悪いとか、そういうことではなく、むしろ“攻めすぎた番組”を作りがちなスタッフという意味です。攻めた番組作りができるからこそ、面白い番組にもなるし、業界内のタブーを打ち破ることができる。たとえば、警察沙汰を起こした芸能人や事務所移籍で揉めた芸能人がMXでテレビ復帰する、というケースが多いのはそういうことです。でも、その一方で攻めすぎてしまった結果、いろいろと問題が起きてしまう。最近のMXを取り巻く一連の流れを見て、“そりゃそうなるよ”といった感想を抱いているキー局スタッフは多いのでは?」

 業界への忖度なしの姿勢が時に、間違った方向へ進んでしまうということなのか。今後も、道を踏み外さない程度に、攻めた番組作りを続けてほしいものだが……。

「TOKYO MX」公式ホームページより