後期第15節サントスラグーナ戦に先発本田、1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献

 パチューカ日本代表FW本田圭佑は、現地時間14日に行われたリーガMXメキシコリーグ)後期第15節サントスラグーナ戦に先発出場し、1ゴール1アシストの活躍で3-1勝利に貢献した。本田快な一撃について、中南カバーするサッカーメディア「bolavip」は「エリア外からの爆弾」「悪魔の左足」と絶賛している。

 前節のプエブラ戦(6-2)で2ゴールの活躍を見せた本田は、この日のラグーナ戦でも先発出場すると、前半24分に存在感を放つ。同記事が「ケイスケ・ホンダが驚異的な一撃」と称える先制点が生まれる。

 右サイドのペナルティエリア手前で縦パスを受けた本田は、トラップと同時に相手ゴール方向へ体を向けて相手と対峙。絶妙な間合いで相手を飛び込ませず、ボールを中に持ち運ぶドリブルで切れ込むと、思い切り良く左足を一。相手も懸命に体を投げ出すスライディンタックルシュート阻止を図るも、本田の弾丸シュートは相手のブロックをすり抜けてゴール左上に突き刺さった。

 本田はその後に1アシストマークし、最終的に1ゴール1アシストの活躍で3-1勝利に貢献。今季リーグ戦通算10ゴール7アシスト存在感を放っている。「本田を引いた」と表現した同記事では、「エリア外から爆弾」と称賛。さらに「この日本人悪魔の左足がサントスラグーナを破壊」と賛辞を贈っている。

 2試合連続ゴールと好調の本田ラグーナ戦のセンセーショナルな先制ミドル弾は海外メディアにも衝撃を与え、大きな反を呼んでいる。


Football ZONE web編集部)

本田圭佑の弾丸ミドルを、「エリア外から爆弾」と海外メディアは称賛している【写真:Getty Images】