4月13日に放送された「エゴサーチTV」(AbemaSPECIAL)に、“M字開脚ポーズなど過激なポージングで一世を風靡(ふうび)したタレントのインリンが登場。グラビア時代の撮影を振り返りつつ、グラビア復帰にも意欲を見せた。

【写真を見る】インリン伝説の開脚ポーズに西野亮廣も大興奮!

2018年タレント活動を再開されたインリン。活動休止期間に結婚し、3人の子供のママとなったインリンについてエゴサーチしていくと、当時大ヒットした写真集の話題に。

写真集を手に取った西野亮廣は「思い出した。(当時)たくさん見せていただきました」と語り、スタジオの笑いを誘った。

その後も、西野は「今ちょっと写真集見てるんで黙ってもらっていいですか?」と話し、写真集を眺めながら「かわいい! やばい。当時を思い出す」と興奮を抑えられない様子。

現在は、台湾で子育て中心の生活しているインリンに、西野が「活動再開はするけど、グラビアはもうやらないんですか?」と質問すると、インリンは「興味はある。過去とは環境も違うし、今はヨガもやっていて。当時はすごく(体が)硬かったから」と明かす。

続けて「股関節もすごく硬くて。いつもつりながら(M字開脚を)やっていて、しんどかった」と、当時話題となったM字開脚について言及した。

さらに、インリンは「正直、(グラビアは)すごくやりたい。けど、私の周りは日本人のママ友しかいない。何かあればすぐにチェックされるから恥ずかしくて会えない」と葛藤を告白した。

その他、恋愛事情についても赤裸々に語った。(ザテレビジョン

インリンがグラビア時代を振り返った