曲がって落ちるスーパーミドル弾を披露、恩師・西野新体制で代表入りに期待

 サッカーロシアW杯前に控え、海外日本人きを放った。ドイツ2部デュッセルドルフ日本代表FW宇佐美貴史が、曲がって落ちる、鮮やかなスーパーミドル弾を叩き込んだ。「DAZN公式ツイッターが、ゴールシーン開し話題を集めている。

 現地時間15日のドイツ2部リーグハイデンハイム戦だ。0-1の後半6分、ペナルティエリアの手前、左サイドでパスを受けた宇佐美。小刻みなタッチで、シュートコースを探すようにボールを動かすと、迷わず右足を振りぬいた。

 カーブがかかった一撃は、ファーに曲がって鋭く落ち、ゴール右隅サイドネットに当たりながらゴールに吸い込まれた。GKが見送るしかないスーパーミドル弾。一時、同点に追いついた。

 このゴールシーンを「DAZN」が開。開から1日で再生回数は50万回に迫っている。ファンからは「シュートセンス半端ない!」「代表でもこんなプレーを」など称賛と、今後への期待のが上がっていた。

 日本代表監督には、G大阪時代の恩師・西野朗氏が電撃就任。宇佐美にとっては、大成のきっかけを作ってくれた指揮官だ。代表のユニホームから遠ざかる時期もあったが、3月ベルギー遠征で復帰。西野体制となり、ロシア行きの切符をつかめるか――。このゴールは大きなアピールになったはずだ。(THE ANSWER編集部)

デュッセルドルフの日本代表FW宇佐美貴史【写真:Getty Images】