バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが今シーズン限りで同クラブを退団する可性が高まっているようだ。スペインアス』は16日、同選手が中国スーパーリーグクラブと3年契約を結ぶと報じた。

 以前から去就に関する報道が絶えないイニエスタだが、今回の『アス』によれば、中国スーパーリーグの4クラブからオファーを受けている模様。うち1クラブと3年契約を締結する見通しで、バルセロナ側も把握しているという。

 バルセロナは10日に行われたチャンピオンズリーグCL)準々決勝セカンドレグローマ戦で0-3と敗れ、同大会敗退が決定。残すタイトルは2つで、4月21日にはコパ・デル・レイスペイン王杯)決勝のセビージャ戦を控えている。報道によると、同試合終了後にイニエスタバルセロナ退団が正式発表される見通しのようだ。なお、移籍先については「機密事項」の存在により、明らかにされていないとも報じられている。

 イニエスタCL敗退が決まった後、去就について直接的な言及こそ避けたものの、「これが最後のCLだったかもしれない。それは一つの可性としてある。だからこそ、よりダメージが大きいんだ」とコメント。今シーズン限りでバルセロナを去る可性を示唆していた。

今季限りでのバルサ退団を報じられたイニエスタ [写真]=Getty Images