4月9日、対アスレチックス戦で毎回連続の12奪三振、7回1死まで完全試合の快投を演じたエンゼルス大谷翔平は、メディアからこぞって賞賛ので迎えられた。まだ始まったばかりとはいえ、昨オフに大争奪戦を制して大谷を獲得したエンゼルスは笑いが止まらないだろう。というのも、そもそも「カネよりも夢を選んだ」と賞賛された大谷だが、25歳以下でのポスティング入団は「マイナー契約スタートで、球団は若きスター最低額しか支払わなくてよいのだ。

「かねてからメジャー挑戦を熱望していた大谷を意識したかのように昨から導入されたこの“大谷ルール”により、今季の大谷はたとえメジャーで大活躍しても、昨年の推定年俸2億7000万円を大きく下回る最低545000ドル(約6000万円)しか得られません。エンゼルスルール上、6年間は条件のいい額で保有権を持つことができ、契約が決まった時から現地では、どれだけ働いても額が変わらず、ケガをしてもマイナーに放置する余裕がある“奴隷契約”と陰口をかれていた。あと2年待って25歳になってからメジャーに挑戦すれば『総額2700万ドル(約300億円)』契約と言われていたのにですよ」(現地ジャーナリスト

 この“奴隷契約”について、球界に詳しいスポーツライターの友成那智氏が説明する。

米国で『史上最大のバーゲンセール』と報じられたように、この契約によって大谷は3年までは50数万ドルの最低プレーすることになります。これは、MVPサイヤング賞を獲っても変わることはない。ちなみに、かつてドジャースのクレイトンカーショー30)も最低年俸でプレーしている。4年からは年俸調停権を得られますが、FAほど額は跳ね上がりません。例えば4年700万ドル(約7億円)、5年1500万ドル(約16億円)、6年2000万ドル(約22億円)と徐々に上がる仕組みです。ようやくFA権を行使して本来の評価通りに複数年200億円クラス契約を勝ち取るためには7年まで待たなければなりません」

 奴隷契約も辞さない大谷には「禁欲」生活も待ち受けていた。そんな大谷をとりまく衝撃の最新事情の全貌を、4月17日発売のアサヒ芸4月26日号で詳報している。

アサ芸プラス