広島出張の帰り、「広島レモン」を買う。

瀬戸内の温暖な気候に育まれ、黄金色に輝く広島レモン。生産量は全国一を誇ります。そんな広島レモンの特徴は、防腐剤を一切使用しないことです。料理にもドリンクにも皮ごと安心して使えます。まろやかな酸味も相まって、全国の消費者に支持されています」(JA広島)

そういえば、3年前の江田島出張で体感したレモンスカッシュも、バカウマだった。

広島レモンといえば、新幹線を降りて、出張先へむかう手前、バナナとたらこにも遭遇した。

これが広島のたらこ

三次へ向けて準備する、キハ47 24。サッシがまた、モダンで。

JR西日本しかやらない、独特の延命モディファイが「西にきたな感」を感じさせてくれる。

テールランプが消えて、ヘッドライトが灯った。彼は10時05分、快速みよしライナーで三次へむけて発つ。

たらこの出発準備、その横にバナナがシレッと

けっこうな客を乗せて入ってきたのは、広島のバナナ。黄色い115系

みたら、下関総合車両所運用検修センター(広セキ)。下関っこなんだって。

広島で客をぜんぶおろして、回送で下関総合車両所広島支社へといったん引く。

―――出張の途中で出会う、広島の鉄日常。仕事のあと、広島支社や広島機関区、広島新幹線運転所への寄り道については、またこんど。