文・取材・撮影:戸塚伎一

 2018年4月14日、15日の2日間にわたり、浅草ヒューリックホール(東京都台東区)にて開催された、インディーゲームイベントTOKYO SANDBOX 2018。72組のゲームスタジオが出展した100タイトル以上の作品の中から、開発者がを突き進んでいる感が強いアクションゲーム4タイトルダイジェスト紹介します!


【画像9点】「人知れずやり込みたい!? アクションゲーム4選【TOKYO SANDBOX 2018】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

FAYE/SLEEPWALKERPhantomIsland

広大世界自由に駆け、飛び、暴れ回ろう!

 6人の若きゲーム業界人が、“自分たちが本当に作りたいゲーム”に向かい合って開発中3Dアクションゲームユーザーストレスなく遊べ、感覚的にアクションをくり出せるものを……ということで、コンボ中は通常ジャンプにもヒット判定を適応するなど、数々の大胆なシステムが採用されています。

 ゲーム進行はオープンワールドマップの広さを訪ねると「『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』と同等にしたいですね」と驚きのコメントが。現在ゲームの基礎部分がほぼ固まり、ひたすらマップを充実させている最中とのこと。2018年予定の完成が楽しみです。

※PhantomIsland公式サイト


Ballistic Craft / PalladiumSoft

戦いはショットの作成、選択から始まっている3D対戦アクション

  限定的なフィールド内で魔法系のショットを撃ちあって戦う、1対1の3D対戦アクションゲーム。個人ゲーム開発者“八”氏がUnityを覚えながら開発を進めているPCゲームで、現在2018年リリース途に、ネットワーク対戦機実装や、UI周りの調整を行っているとのことです。

 本作最大の特徴は、3タイプまで同時装備できるショットエディット。色やパーティクル効果を含めた外見、同時発射数などの基本的な設定はもちろんのこと、弾道3D間上にベジェ曲線を描く要領で、速度弾道タイムライン上に設けられた通過点(アンカーポイント)ごとの初速&到達速度を設定することで、自由に作成できます。ショットの設定には“コスト”の概念があるので、どの部分にこだわるかによってショットの特性がガラリと変化するのが熱いです。

 作成したショットデータオンライン開可……ということで、本作がリリースされたあかつきには“ショット職人”なるプレイヤージャンルが誕生するかもしれません。

※PalladiumSoft公式サイト




SushiParty /アネ

エビ”と“マグロ”が銀河の覇権を賭けて戦う!?

 テクニカルアーティストねこかつ”氏を中心とするゲーム制作サークルAECRNIA”の最新作。お寿司の人気ネタである“エビ”と“マグロ”が銀河の覇権を賭けて戦う……というシンプル(?)なアクションシューティングです。回転寿司屋さんをイメージしたさまざまなギミックと凝り倒したエフェクトが、シュールゲーム世界を添えています。プラットフォームはSteamDMM.comリリース2018年4月26日です。

 同サークル企業アネラ”では、インディーゲームのパブリシング事業も本格的に行っていくとのこと。作シンシーを感じるデベロッパーさんは問い合わせてみてはいかでしょうか。

※アネラ公式サイト


GEKIDOレイニーフロッグ

ゾンビ軍団をひとりないしふたりでボコボコに!

 イタリアでもっとも古いとされるゲームスタジオNaps teamが開発し、2002年海外リリースされたゲームボーイアドバンス用ベルトスクロール格闘アクションが、Nintendo Switchソフトとして内でも近日リリースされます。グラフィックオリジナル版の解像度を再現したローレゾテキストはちゃんと日本語翻訳されています。

 ふたり同時プレイに対応していたり、ローグライクな生成ダンジョン(?)を進んでいくゲームモードがあったりと、大味な操作感覚なりに楽しめる作りになっているのがいい感じ。おっさんゲーマーは「そうそう、昔はこんなゲームばかりだったなぁ」などとつぶやきながらリラックスしてプレイしてみてはいかがでしょうか。

※レイニーフロッグ公式サイト