テレビ番組で特集「彼は違う2つのポジションロースター入りすることはできる?」

 エンゼルス大谷翔平投手は今季メジャーデビュー直後から大活躍を続けている。投げては2戦2勝、13イニングで18奪三振防御率2.08、打者としても8試合で打率.367、11打点、3本塁打OPS(出塁率+長打率)1.191という驚異的な成績だ。大谷フィーバーで盛り上がるメディアは、7月17日日本時間18日、ナショナルズパーク)に行われるオールスター二刀流で出場することも「可」と前代未聞の偉業の可性に言及している。

 開幕直後のメジャーで最大の話題となっているのは「ベーブ・ルースの再来」と呼ばれる大谷だ。投打でメジャートップ級の高成績を叩き出している中、ナショナルズの本拠地ワシントンで行われるオールスター二刀流での登場は可なのか、というロマン溢れるテーマに切り込んだのは地元テレビ局NBC」のテレビラジオ番組「ダンパトリックショー」だった。

 メジャースポーツテーマとする人気番組で、元ESPNの会者ダンパトリック氏は17日(日本時間18日)のレッドソックス戦でメジャー3度先発のマウンドに上がる大谷について話し始めた。

エンゼルス番の地元記者は「二刀流は理に適っている」「間違いなくDHで入るべき」

オールスターファン投票の結果が発表されるとき、オオタニの名前がそこに載っているでしょう。私はホームランダービーにも出てほしいのですが、彼は違う2つのポジションロースター入りすることはできるのでしょうか? そこに興味を惹かれます」

 こうったパトリック氏。ファン投票で野手として選出され、監督推薦投手として同時選出される可性もあると摘した上で、ホームランダービー登場も切望。球宴で“三流”の活躍を望んでいる。

 そして、番組内では地元オレンジカウティレジスター」のエンゼルス記者ジェフフレッチャー氏と電話インタビュースタートさせた。

「(二刀流選出は)理にかなっていると思います。間違いなくDHで入るべきですね。なので、そのような(野手として票による選出、投手では監督推薦による選出)形で話が進んでいくことになるだろうと読んでいます。なので、イエスです」

 番記者は球宴での二刀流起用論に「イエス」と賛同していた。ベーブ・ルー2世と期待される男は全世界ナショナルズパークの舞台で投打にきを放つのだろうか。(Full-Count編集部)

エンゼルス・大谷翔平【写真:田口有史】