イタリアクラブを渡り歩く指揮官が「言語学習」と英報道

 来監督補としてチェルシーアーセナルが熱視線を送るユベントスのマッシミリアーノ・アッレグ監督が、プレミア移籍を見据えて「言語学習」を始めたようだ。英「ザ・サン」が報じた。

 ユベントスのアッレグ監督は、現地時間12日に行われたUEFAチャンピオンズリーグCL)準々決勝第2戦でレアル・マドリードをあと一歩のところまで追い詰めたが、終了間際のPKによる失点で2戦合計3-4と敗戦。CL制覇という標を達成することができなかった。

 そんなアッレグ監督には、アントニオ・コンテ監督に退任の噂が出ているチェルシーや、アーセン・ベンゲル監督の後任を探しているアーセナルなどが熱視線を送っており、来季の去就が注されている。

 現役時代にペスカーラやカリアリなどでMFとして活躍したアッレグ監督は、04年に導者としてのキャリアスタート。07-08シーズンにはサッスオーロでセリエB優勝を果たして名を高めると、その後カリアリやACミラン、そしてユベントスイタリアクラブを渡り歩き成功を収めている。

 現在50歳を迎えるアッレグ監督だが、「ザ・サン」によれば最近「次の仕事海外になる」と述べたという。そして今、プライベートの教師をつけて英語を学び始めているようだ。それがプレミアリーグクラブ指揮官就任に直接つながるとは言えないが、同チェルシーアーセナルにとっては「いいニュース」だと伝えている。

 選手が海外で成功を収めるためには、そのの言を覚え、コミュニケーションを取ることが大事だと言われているが、それはチームを率いる監督も同様。アッレグ監督英語マスターすることで、プレミアへのを切り開くことができるのだろうか。


Football ZONE web編集部)

アッレグリ監督にチェルシー&アーセナルが熱視線【写真:Getty Images】