現役中ながら受講開始、元スペイン代表FWラウールMFシャビ・アロンソの姿も

 カタール1部アル・サッドの元スペイン代表MFシャビが、UEFA欧州サッカー連盟プロライセンスを取得するための導者コースの受講をスタートさせるようだ。スペインAS」が報じた。

 1998年バルセロナプロデビューを果たしたシャビは、その後2015年までバルセロナ徴的な存在としてチームを牽引。8度のリーガ・エスパニョーラ制覇や4度のUEFAチャンピオンズリーグ制覇など、かしい成績を残した。15年にはバルセロナを退団し、カタールアル・サッドに加入。昨年11月には今季限りで現役を引退することが報じられたが、今年3月アル・サッドと2年契約更新した。これが「現役続行」か「監督転身」を意味するものなのかは不透明で、そうしたなかで導者ライセンス取得に向けた動きが明らかになった。

 UEFAプロライセンスコーチングコースは、10年間プロとしてプレーすることや代表選手としてプレーすることなど、特定の基準を満たした選手たちが受講できる。なお月曜日からスタートしたこのコースには、元スペイン代表FWラウール・ゴンザレスや、同じく元スペイン代表MFシャビ・アロンソらも参加している。

 ただ、シャビは所属先のアル・サッドがAFCチャンピオンズリーグを戦っているため、月曜日の最初の講習には参加できず。38歳のプレーメーカーは16日のペルセポリス戦(0-1)を終えた後、ドーハから火曜日にマドリードへと移動し、それから監督としての講習を受ける予定となっている。

 問題としてはシャビが現役生活をいまだ終えておらず、コーチングコースを受けるためにはドーハとマドリードを行き来しなければならないということ。導者をシャビにとっては、楽しくも大変な日々が始まりそうだ。


Football ZONE web編集部)

シャビ、UEFAプロライセンスの指導者コース受講を開始【写真:Getty Images】