MLBオークションで、大谷がキャンプ中に着用したユニホーム113万円

 米大リーグエンゼルス大谷翔平投手は17日(日本時間18日)のレッドソックス戦で自身3度目の先発マウンドに上がる。投打に快進撃を続ける“二刀流の怪物”。MLBチャリティーオークションを実施しているが、大谷がスプリントレーニングで使用していた練習用ユニホームには17日の午後2時現在で1万592ドル(約113万円)の値がついている。

 投打にわたる活躍で一気にMLBファンの心を奪った大谷。そのグッズには破格の値がつけられている。

 エンゼルスからは主砲のマイク・トラウト外野手が公式戦で使用したユニホームや、アルバート・プホルス内野手キャップなど、お宝グッズが多数出品されているが、その中でも大谷がキャンプで身に着けていたユニホームに最も高い値付けがされている。

 大谷関連ではほかに、実際のゲームで使用し折れたバット2737ドル(約29万円)、スプリントレーニングロッカーのタグに807ドル(約8万6000円)、4月4日インディアンス戦で大谷がゴロを打った際のボールに572ドル(約6万1000円)などの値がつけられている。

 サイン入り野球カードが72万円で落札されたことも話題になった大谷グッズ。このオークション終了までは残り11日。どこまで高騰するかにも注目が集まっている。(THE ANSWER編集部)

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】