初めて実施された昨季は、カブスダルビッシュツイッターで高評価

 好評を博した企画が、今年も実施された。4月17日ソフトバンクホークス2軍本拠地「タマホームスタジアム筑後」で行われたウエスタリーグ中日戦。生憎の模様となった試合だったが、そのスタンドの多くをカッパを被った制服姿の学生が埋めていた。

 そして、スタジアム内に大音量で鳴りブラスバンドによる演奏。それに合わせて手拍子が起き、「かっとばせー〇〇!!」といった応援のが飛ぶ。普段も2軍戦でそれなりのファンが入るタマス筑後だが、ちょっと異質な盛り上がり方。それは、さながら、高校野球の応援スタンドのようであった。

 この学生たちは、筑後市にある県立八女高校の生徒たち。全校生徒と教師ら合わせて総勢770人でホークスの応援に駆けつけた。新入生歓迎行事として企画されたもので、今年が2回。昨年は八女高校筑後市、そしてソフトバンクホークスの三者によって企画され、地域密着、地域振、そして少年健全育成を的に初めて実施された。

 大きな注を集めたのは、やはりブラスバンドによる応援だった。プロ野球の応援らしくない、まるで高校野球のようで、SNSなどでもポジティブが上がっていた。さらには、カブスダルビッシュ有投手が自身のツイッターで「これいいな。」といたことでも広く知られ、これには同校の生徒たちも喜んだという。好評だったことで、2年も行われることとなった。

 この新入生歓迎行事、昨季は八女高校、八女工業高校福岡みやま市の山門高校の3校が実施し、今季はこの3校に加えて福岡大川市大川高が新たに行うこととなった。本格的なブラスバンド演奏があるのは、この日の八女高校だけではあるが、応援するだけでなく、試合前のオンアマークスや始球式、試合中の場内アナウンス体験、5回のグラウンド整備時にグラウンドまで降りてのダンスなど、生徒たちが様々な体験を行えるようになっている。

 この日はのせいで演奏金管楽器のみによるものだったが、それでも本格的で、心躍らせるものであった。ウエスタリーグとはいえ、プロ野球のスタジアムに一違った空気をもたらす、このイベントタマス筑後春の風物詩となりそうだ。(福介 / Yusuke Fukutani)

17日のタマスタ筑後では福岡県立八女高校の生徒たちによるブラスバンド応援が行われた【写真:福谷佑介】