リバプールレアルFWバスケス、レアルユベントスMFアドラード獲得に興味

 UEFAチャンピオンズリーグCL)でベスト8以上に残った名門3クラブに、サイドアタッカーの“ドミノ移籍”の噂が浮上している。スペインメディアドンバロン」が報じている。

 今季プレミア王者となったマンチェスター・シティCL準々決勝で破ったリバプールが、同じく4強に進出したレアル・マドリードからスペイン代表FWルーカスバスケスの引き抜きを画策しているようだ。ユベントスとの第2戦でのPK判定でイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンとともにある意味で“時の人”となった感のある26歳のアタッカーだが、記事によればユルゲン・クロップ監督の評価が高く、獲得を望んでいるという。

 一方、レアルユベントスサイドアタッカーであるコロンビア代表MFフアン・クアドラードの獲得に興味を示していると報道。クアドラードは今季途中に負傷離脱があったが、左右両サイドをこなす上に圧倒的なスピードを持つとして、マッシミリアーノ・アッレグ監督にとっての重な戦になってきた。ただ、ブラジル代表FWドウグラスコスタが加わったチーム内の序列においては厳しい立場に立たされている。

 記事では、「スペインイングランドイタリアドミノ移籍が起こる」と、その動きを報じている。それぞれチームの攻撃にアクセントを加え、印に残るサイドアタッカーたちだが、話題性の強い移籍劇は現実のものとなるのだろうか。


Football ZONE web編集部)

リバプールがレアルFWバスケス、レアルはユベントスMFクアドラード獲得に興味【写真:Getty Images】