『グレートウォール』でマット・デイモンの相手役の々しい女隊長を演じ、『キングコング:髑髏の巨』ではジョン・グッドマンと行動を共にしていた美人生物学者役を務めた、中国人女優ジンティエン(甜)。先週末から全開となった『パシフィック・リムアップライジング』にも出演しており、今、世界中から熱い視線が注がれている。ドラマ『麗王別(れいおうべっき)~散る永遠の~』のDVDリリースで、日本でもさらに注を集めている彼女は、いかにしてハリウッド女優になったのか?“前例のない”シンデレラストーリーに迫っていきたい。

【動画】『麗王別姫』主人公を演じたジン・ティエンのメッセージ動画

 つぶらな瞳が印的なジンティエンは、幼いうちから舞踏の才を見出されて専門教育を受けていたが、16歳の時、芸界のへと進み、2011年『戦(原題)』でキム・ヒソン、中井貴一らと共演して注される。そして、2016年中国巨匠チャン・イーモウが監督を務めた映画グレートウォール』のヒロイン役に抜され、々しくハリウッドデビューを飾った。

 チャン・ツィイーやファン・ビンビンなど、中国人女優ハリウッドに進出する経緯を振り返ってみると、女優として内で成功を収めた後、満を持してのハリウッドデビューというパターンが多かった。しかし、ジンティエンの場合は、『グレートウォール』に出演するまでは、中国での人気と評価は決して高いとはいえなかった。つまり、いきなり晴れ舞台に躍り出たようなもので、その筋は異例とも言える。ジンティエン自身は、始めからハリウッドしていたわけではなく、新しいキャラクターめて活動範囲を広げた結果だと話しているが、『グレートウォール』以降、次々とハリウッド作品に出演しており、そこには演技やアクション英語トレーニングに励む彼女の並々ならぬ努があったことは容易に想像できる。

 また、『グレートウォール』開直後に、本で放送されたドラマ『麗王別散る永遠の~』の成功もジンティエンの大きな転機といえる。本作は、“中国ロミオとジュリエット”ともいえるドラマティックなラブストーリーで、ジンティエンは唐代に実在した“才女”沈珠(しんちんじゅ)を熱演し、視聴者に大きなインパクトを与えた。

 このドラマでの成功こそが、今のハリウッド女優としての地位につながっている。日本人俳優もそうだが、中国でもハリウッドに行くと自映画ドラマには出なくなってしまう俳優が少なくない。しかし、ジンティエンはハリウッド仕事が忙しくなった現在も両方で精的に活動中。内での人気もまだまだ伸びしろがたっぷりあり、ハリウッドの関係者も中国内で人気が急上昇しているジンティエンをますます放っておかない。ハリウッドに進出しても内での活動を怠ることがない。これが、ジンティエンがハリウッド女優として成功している理由ではないだろうか。

 こうして、名実ともにトップ女優仲間入りを果たした彼女は、いまやその美しい容姿やプライベートも注の的だ。5大ファッション誌といわれる中国版「ELLE」「Harper’s BAZAAR」「marie claire」「COSMOPOLITAN」「Vogue」の表を飾ったり、ワールドカップ世界選手権、オリンピックを制覇した卓球選手の張継科との熱が話題になるなど、彼女の一挙手一投足が大きく報道されている。ハリウッド、そして中国世界を股にかけて活躍するジンティエンから今後もが離せない。

 ジンティエンが演を務め大ヒットを記録した中国ドラマ『麗王別散る永遠の~』 のDVD現在レンタル&発売中。CS放送チャンネル銀河TV放映中。

5大ファッション誌の表紙を制覇!中国発ハリウッドのシンデレラ・ガール、ジン・ティエン(C)2017 H&R Century Pictures Co.Ltd.All Rights Reserved.