今シーズン限りで、アトレティコ・マドリードからの退団を発表した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス。その移籍先候補となるクラブスペイン紙『マルカ』が列挙している。

 15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節レバンテ戦に途中出場を果たしたF・トーレスは、この試合のダメ押しとなる3点目を決め、クラブ史上5人目の通算100ゴールを達成した。

 慣れ親しんだスペインの地で偉大な記録を成し遂げたF・トーレスには、中国やアメリカ方面から熱視線が送られているという。

 2016年にはそれぞれ複数クラブが獲得オファーを行っていたようだが、F・トーレス自身の意向もあり、新天地はアメリカになることが有力視されている。

マルカ』はその有力候補として、ニューヨーク・シティFC、シカゴ・ファイアー、モントリオール・インパクト、スポーティング・カンザスシティ、シアトル・サウンダーズの5クラブを列挙。この中からF・トーレスは移籍先を選ぶことになるようだ。

『マルカ』がF・トーレスの移籍先候補を列挙した [写真]=Getty Images