マシュクKMVの本拠地で登場のパフォーマンス実施 和やかな雰囲気で進むも…

 今ワールドカップW杯)開催ロシアの3部リーグで、キックオフ前にパフォーマーとしてピッチに登場。これに対して動物愛護団体から「非人的だ」とクレームが入った。英公共放送BBC」が報じている。

 このパフォーマンスロシア3部のピャチゴルスクで行われたマシュクKMVFCアンシト・ナズランの試合前に実施。サーカスで活躍するというの“ティム”はピッチサイドに立ち、ファン援に合わせて拍手。さらに審にボールを手渡しするなど和やかな雰囲気となった。

 これに対し、英国動物愛護団体PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)」のディレクター、エリサアレン氏は「非人的だ」と抗議。「を召使いとして捉え、フットボールの場に送るなんて危険だ」と警告した。

ロシア徴。民は彼らに思いやりと誇りを持ち、虐待することをやめてほしい」

 W杯開幕を控えるロシアではドーピング問題や人種差別問題がたびたび話題に上っているが、今回は動物愛護視点から問題提起がなされた。


Football ZONE web編集部)

ロシアの熊参加パフォーマンスは、「非人道的」と抗議された(写真はイメージです)【写真:Getty Images】