ラリー世界を舞台に若者たちの熱いを描く映画OVER DRIVE』(6月1日開)のスペシャルステージ4月17日六本木ヒルアリーナで開催され、東出昌大新田真剣森川北村町田啓太、羽住英一郎監督が出席。北村新田の“筋肉美”に脱帽したことを明かした。

【写真を見る】ガッチリ握手を交わした新田真剣佑と北村匠海

トヨタコイアに乗ってキャストレッドカーペットに現れると、会場に集まった約600人のファンから大歓が沸き起こり、キャストファンと握手を交わすなど大盛り上がり。あいにくのとなったが、主人公檜山篤洋役を演じた東出は「寒いなか待っていただいて、ありがとうございます。温かい拍手で迎えていただいて勇気をもらえた」と感謝を述べ、「“降って地固まる”と言います。200パーセントの自信で観てもらえる映画ができた」と胸をっていた。

篤洋の天才ドライバーの直純を演じた新田は「撮影のあとにはアニキの部屋に集まっていろいろな話をした」と振り返り、「監督とは焼肉を食べに行って、この映画のことをり合いながら泣いたりもしました」と熱い時間を過ごしたことに充実の表情。

新田演じる直純のライバル役に扮した北村は「真剣ライバルだと知った時点で体を鍛えた」と告白。「体もガッチリ鍛えていると聞いていたので、真剣に負けないように頑って、も5キロくらい増やした」と奮闘したそうだが、現場に入るや筋肉モリモリ新田を見て「そこで脱帽した。ヤバイ筋肉すごいなと」と苦笑い。「映画のなかでは3回くらい真剣体美を見せている。そのためにやっていたストイックさがすごい」と続けると、森川が現場で撮影したという新田筋トレ場面の写真が披露され、会場からも「すごい!」とのが上がっていた。

ライバル役とはいえ、ステージ上では顔を見合わせたり、背中を突っついたりと、仲のよい様子を見せていた新田北村。東出は「ゲームセンターでは、2人がガチレーシングゲームをやっていた。負けると『もう1回!』って!」と新田北村が子どものようにはしゃいでいたことを暴露し、町田も「ずっと話しているし、距離が近いなと思った」と言。照れくさそう笑顔を見せた新田は「ライバル役は仲がよいからこそできる」と北村に感じる友情をっていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

新田真剣佑と北村匠海の仲がよすぎる!