番組スタート前にもかかわらずSNSなどで話題沸騰中のドラマおっさんずラブ」(4月21日スタート、毎週土曜夜11:15-0:05テレビ朝日系)が、ついに今週土曜日に始まる。

【写真を見る】ドキッ!!おっさん(田中圭)とおっさん(林遣都)がギュッ!

おっさんずラブ」は、女好きだがモテない33歳の主人公・春田創一(田中圭)が、上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩・牧凌太(林遣都)から愛の告白をされてしまうところから始まる新感覚ラブストーリー

メーンキャストの胸キュンシーンはもちろん、ステキなおっさんたちが続々登場し、目の保養になること間違いなし。そして何より、おっさんたちがいちずに好きな人を思う姿に思わず共感せずにはいられない“純愛物語”なのだ。

偶然春田と黒澤の手が触れるシーンでは、カットの度にはにかむ田中と吉田に記者も胸キュン…!

おっさんたちの恋愛!?ちょっとムリかも…」としり込みしているあなたにこそ知ってほしい本作の見どころを、番組プロデューサーの貴島彩理氏に聞いた。

■ 「“同性だから”とは考えないようにしています」

主人公の春田は、実家に頼りきりだったため何もできないダメ男。カワイイ女の子が大好きで幼なじみが気になる、ごく普通の男子だ。

春田に恋する“ヒロイン”・黒澤は、社内では男気あふれ、厳しくも情に厚い“理想の上司”。だが実はゲイで、春田の前に出ると乙女な部分が顔を出す。

一方、入社4年目の牧は女子社員が放っておかないイケメン男子ながら、こちらも春田にゾッコン。黒澤が春田に迫ったと知り、自らもスイッチオン!うっかり春田にカミングアウトしてしまう。

そんな本作、壁ドンにハグ…と第1話から胸キュンなシーンが盛りだくさん!

制作にあたり、貴島Pは「“同性だから”とは、考えないようにしています。相手が男だからというのを一切排除して、普通の恋愛ドラマとして作りましょう、と」ときっぱり。

「特にヒロインの黒澤部長がかわいくて仕方ないですね。春田に傷つけられてしまうシーンでは、撮影を見ていたスタッフ皆が『部長かわいそう』とつい憤慨。鋼太郎さんのヒロインぶりに脱帽です」(貴島P)と見どころを解説する。

もう一人の恋する男子・牧のキャラクターも愛すべき乙女キャラだ。春田の実家でルームシェアが始まると、春田に恋するあまり牧が“ママ化”!?

「実家なので、春田が33年間住んできたリアリティーや生活感を出すことにこだわりました。ゴチャゴチャと物が多かったり、子供のころのおもちゃや虫かごがそのままなどです」と貴島P。

そんな春田宅のシーンでは、「牧が若干お母さん化して、春田を好きだからしょうがないなって、世話を焼く様子がとてもかわいいんです。アドリブで春田の靴下を脱がせてあげたときは、圭さんも胸キュンしたそうです(笑)」(貴島P)との情報も。

好きだから世話を焼いてしまう…そんな牧の“乙女心”に共感する女子が大量発生の予感!

キャラに合ったスーツおっさんたちの魅力倍増!

恋愛模様を加速させる(!?)おっさんスーツにも注目ポイントがたっぷり。

貴島Pによると、「春田は田中さんに似合うこと、愛されるイメージとも合ったので、ブルー系に統一しました。

部長は必ずスリーピースネクタイも赤など派手で、大人の色気を出しています。牧はネクタイで若々しさや爽やかさを出しつつ、おしゃれながらもきちんと感を」と、それぞれキャラに合ったスーツオフィスではビシッとキメる

ちなみに、オフィスにはほかにもおっさんがいるが「武川(眞島秀和)は渋めなチョイスメガネで少しSっ気と怪しさを感じさせ、小紋タイにしてます」(貴島P)などそれぞれキャラに合ったスーツを着用。おっさんたちのキャラをじっくり堪能しよう。

■ 春田にモテ期到来!でも相手は…おっさん!?1話あらすじ

4月21日放送の第1話では、通勤途中に春田は痴漢に間違われてしまう。そんな大ピンチを同じバスに乗り合わせていた部長・黒澤に救われ、春田は一安心する。その後、ひょんなことから黒澤の携帯画面を見てしまった春田は、待ち受け画面が自分の写真になっていることに仰天する。(ザテレビジョン

春田(田中圭)と黒澤(吉田鋼太郎)の手が触れ合うだけで…キュン。「おっさんずラブ」の魅力とは?