4月21日(土)、那覇市桜坂劇場で「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」TV DIRECTOR'S MOVIE『Bの戦場』の上映と舞台あいさつが行われ、ガンバレルーヤ速水もこみち、久馬歩、尼神インター、並木道子監督が登壇した。

ブスの役作りが大変だったと語るよしこ

本作は、自他ともに認める“絶世のブス”であるが故、結婚を諦めウェディンプランナーとして働く女性が、イケメン2人から好意を寄せられる三角関係の恋模様を描いた痛快ラブコメディー。

上映前の舞台あいさつで、主役を演じたガンバレルーヤよしこが「『ALWAYS 三丁目の夕日』で主演を務めさせていただきました小雪です!」と大ボケ自己紹介を披露。その後も「クランクアップから今日まで少し時間があったので、久しぶりにこうしてもこみちさんに会えて、なんか元カレ感がスゴイです」と次々に飛び出すよしこワールド全開の発言に観客も登壇者も終始笑いっぱなし。

速水は「ようやくこの日が来ました。ただのラブコメではない、人の幸せを手伝うウェディンプランナーの成長物語を楽しんでほしい」とコメント。並木監督も「たくさんのお客さんが集まってくれて感激です。よしこさんが本当に頑張った姿を見てください」と呼び掛けた。さらに監督はタイトル『Bの戦場』のBはブスのBだけでなく“Bridal(ブライダル) Battle(バトル) of Buss(ブス)”であることを打ち明けると観客は納得の様子だった。

この作品の応援芸人として駆け付けた尼神インターは「応援芸人だけど、まだ映画やドラマに出たことがないのに、自分たちよりブスな奴に先を越されるなんて!」と悔しさをにじませる場面も。すかさず、よしこは「いやいや、誠子ちゃん(尼神インター)はブスの主将だから。私たちブスの先頭を走ってます!」とすかさずフォロー。さらによしこが「絶世のブスという役作りが大変だった」と話すと「いやいや、そのままだから!!」と尼神インターの猛烈なツッコミを浴び、白熱する“ブス”のせめぎ合いに会場は笑いの渦に巻き込まれた。

また、よしこはオファーを受けた際にドッキリだと思い込み、撮影が始まって速水が現場にやって来てもしばらく信じられなかったことを打ち明ける。速水は、よしこと共演した感想を「体当たりで一生懸命演技をする姿に心打たれました。時々、ドキドキきゅんきゅんする場面もあった」と笑顔で話すと、よしこは「速水さんがやさしくて、顔を触るシーンでは顔のニキビを触らないようにしてくれたんですが、でもニキビがない所が少ししかないから…」と恥ずかしそうエピソードを語るも、渚に「目さわれ! 目!」と激しいツッこみが入り、会場は大爆笑に包まれた。

最後によしこは「楽しく、面白い、全国のたくさんのB(ブス)に勇気を与えられる作品です。みんなで宣伝してください。そしてずっと隠していたんですが…、私、実は財前直見でした! ありがとうございます!」と締めくくり、爆笑エピソード盛りだくさんの舞台あいさつ大盛況のうちに幕を閉じた。

『Bの戦場』は2019年に公開予定。(ザテレビジョン

舞台あいさつを行う速水もこみちとガンバレルーヤ