NTTNTTコミュニケーションズ、NTTドコモNTTぷららの4社は4月23日インターネット上の海賊版3サイトに対するブロッキングを実施すると発表した。これを受け、ネットでは議論となっている。

ロッキング決定の発端となったのは、4月13日に政府の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議が決定した海賊サイト対策の進め方だ。「漫画村」「Anitube」「Miomio」などの海賊サイトが、著しく著作権を侵している状況を重く見た政府は、法整備が行われるまでの間、「臨時的かつ緊急的な措置」と位置づけ、「民間事業者による自的な取組」であれば、ブロッキング実施は適当であると見解を示していた。

NTTグループ各社は、コンテンツ事業者団体からの要請、さらに政府が示した海外サイト対策に沿う形で、サイトロッキングに関する法制度が整備されるまでの短期的な緊急措置として海賊版3サイトにブロッキングを実施する。「政府において、可及的速やかに法制度を整備していただきたいと考えています」と海賊サイトへの姿勢を鮮明にした。

NTTグループの決定に、Twitterでは、

NTTグループが先切って政府に度するとはなあ。いや、NTTだからこそか…”
“こう言うの、ちゃんと法的手続きを踏まないとまずいことになるぞ。「政府が言っているから」じゃなく法の判断を仰ごうよ。法治国家なんだし。”

批判的なが上がっている一方で、

海賊版をNTTブロック開始。「著作権」問題の解決策に、正しい筋を示したと言える”
ネット民の大意とは裏に、個人的には検閲賛成なのでNTTの意外なフットワークの軽さを評価したい”

と賛成する意見もある。

政府によるブロッキング方針をめぐっては、日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)をはじめ、インターネットユーザー協会MIAU)、主婦連合会などが、表現の自由や通信の秘密を脅かす検閲行為につながるなどと反対を表明していた。NTTグループが加盟するJAIPAは、今回の報道を受けても見解を見直さないという。

表現の自由や通信の秘密、ひいては知る権利が脅かされる危険性をむブロッキング著作権をめぐる問題との兼ね合いが難しいだけに、ネットの意見が割れているようだ。NTTグループの決定でKDDIソフトバンクなどがどう対応するのか注される。
山中一生)

■関連リンク
インターネット上の海賊サイトに対する緊急対策(案)(概要
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/180413/siryou1.pdf

インターネット上の海賊サイトに対するブロッキングの実施について
https://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2018/0423.html