パリ・サンジェルマンサポーター集団が、同所属ブラジル代表FWネイマールに対し批判の声明を発表した。スペイン紙『マルカ』が28日付で伝えている。

 ネイマールは、昨夏の移籍市場で史上最高額となる2億2200万ユーロ(約294億円)という莫大な移籍金でバルセロナから移籍。持ち前の攻撃力を爆発させ、チームの躍進に大きく貢献している。チームメイトウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとPKのキッカーをめぐって争うなど、多くの騒動を起こしていることでも有名だ。

 現在ネイマールは、2月25日に行われたリーグ・アン第27節のマルセイユ戦で右足首のねん挫と第5中足骨を骨折し、戦列を離脱。未だチームに復帰しておらず、母国ブラジルで手術を受けリハビリに励んでいる。

 これに対し、サポーターシーズン途中にも関わらず、ホームであるパリに戻ってこないネイマールに不快感を示し、次のように声明を発表した。

「我々の本拠地から離れて治療を行うのはサポーターに対し失礼だ。あまりにも我々へのリスペクトを欠いた行動であり、我々はリスペクトに値する態度を選手たちに求めている」

 ネイマールはパリで居心地の悪さを感じ、今夏に行われる2018 FIFAワールドカップロシアに向けてブラジルで調整を行っているとも報じられている。大型補強を敢行したがチャンピオンズリーグで結果を残せなかったパリ・サンジェルマンサポーターは不満がたまっているようだ。

批判を浴びているネイマール [写真]=Getty Images