ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・46年間毎日ビッグマックを食べ続けた男性が話題に
・計3万個のビッグマックを食べる
・健康が心配されるが診断の結果、健康そのもの

3万個のビッグマックを食べ続けた男性

世界的なファーストフードマクドナルドメニュービッグマック』を46年間毎日2個食べていたアメリカの60代男性が注目を浴びている。

アメリカウィスコンシン州に住んでいるドン・ゴルスケ(ドン・ゴースク/Don Gorske・64)は「マクドナルドの店舗で3万個のビッグマックを食べた」と語った。

ドン・ゴルスケが初めてビッグマックを食べたのは1972年18歳だった頃。この頃彼は車を所有するようになり、最初に訪れたのがマクドナルドだった。そこで9つのビッグマックを食べたが満足感を得られなかったという。

以降、ドン・ゴルスケとビックマックの長い付き合いが始まることになる。

ドン・ゴルスケは1日平均2個のビッグマックを食べ、2016年8月には2万8788個のビッグマックを食べてギネス世界記録を達成。

ドン・ゴルスケが46年間にビッグマックを食べなかった日は8日間だけで、雪や嵐で近所のマクドナルドが臨時休業していたとき、それと母親が亡くなったときだけだ。それを除いては毎日ビッグマックを食べた
ドン・ゴルスケが通うマクドナルドの店舗は特別な思い出のある場所で初めてビッグマックと出会っただけでなく、プロポーズした場所でもある。今ではドン・ゴルスケが食べたビッグマックの数をカウントする看板が店の前に設置されている。

長期間、多くのビッグマックを食べてきたドン・ゴルスケだが健康への心配する声も少なくない。しかしドン・ゴルスケは「健康診断を受けたが、コレステロール値も低く、血圧も問題なかった」と明らかにした。
この男性は有名なドキュメンタリー映画『スーパーサイズミー』にも「ビッグマックマニア」として少し出演している。映画での名前の表記は「ドン・ゴースク」。

一方、マクドナルド側は「私達の象徴であるビッグマックに情熱を注いでくれて感謝している」と伝えた。尚ビッグマックポリスは解雇されていたためコメントが無かった。

3万個のビッグマックを食べ続けた男性