東京都心を縦横に走る東京メトロ。その沿線に住めば便利ですが、一方で高額な家賃や自然の少なさが心配でもあります。沿線の魅力を探すと、意外な都市生活事情が浮かび上がりました。

鉄道のメリットを享受

東京メトロ東京都心に路線網を持つ鉄道会社です。日本初の地下鉄銀座線」をはじめ、「U」の字を描く「丸ノ内線」、東武と直通運転を実施する「日比谷線」など9路線を運行します。大手私鉄のうちJR山手線の内側に路線網を形成する鉄道会社であり「最寄り駅は東京メトロの……」と言えば、都市生活者の証です。

その一方で、山手線を越え、東京都から脱して郊外に延びる路線もあります。東西線千葉県の西船橋まで、有楽町線副都心線埼玉県和光市まで。そのほかの路線も、相互直通運転によって、乗り換えなしで行ける場所がたくさんあります。むしろ、東京メトロは、郊外に住む人が都心の目的地に向かうための路線という認識も定着しています。

そんな東京メトロ沿線の暮らしは、わざわざ10も理由を挙げなくても、都市生活のメリットに満ちていることでしょう。あえて言えば、自然が少ない、家賃が高いなど、都市ならではの欠点もありそうです。そこで今回は、銀座線で通学し、半蔵門線で通勤した筆者(杉山淳一:鉄道ライター)が、東京メトロ暮らしの利点を整理します。例によって異論・反論大歓迎です。SNSなどで盛り上がってくださいね

【1位】地下鉄は速い、安い、正確

鉄道のメリットは、高速で移動でき、運賃が安く、時間に正確なこと。運行間隔も短く、たとえば銀座線は昼間でも3分ごとに列車が来ます。運賃も初乗り170円(現金運賃、以下同)、11kmまでは190円で、路線バスより安価です。平日の都心の道路は渋滞しやすいため、移動は地下鉄が最も合理的です。

路線図を見ると、東京メトロの路線は複雑に絡み合っています。慣れるまではアタマがクラクラしそうです。しかし、東京メトロの駅同士を移動する場合、乗り換えは基本的に2回以内で済みます。大手私鉄やJRなどの直通路線の駅も2回以内。つまり、東京メトロ沿線に住めば、東京近郊のほとんどのエリア乗り換えなし、または少ない乗り換えで行けます。

地下鉄の利点として、天候に左右されないこともポイント。駅からビルへ地下道が直結していれば、傘を持たずに移動できます。最近はタワーマンションも地下鉄駅直結タイプが登場。当然ながら、駅直結マンションは分譲価格、家賃も高めですが、地下鉄入口、地下道入口まで屋根付きならば、多少の雨は帽子や折りたたみの傘で済みそうですね。

地下鉄のおもしろい点として、古い路線ほど便利なことが挙げられます。これは地下鉄以外もそうですが、一般的に立体交差は、新しいほど地平から遠くなります。地下鉄の場合、新しい路線ほど深くなり、地上から遠くなるわけです。古い路線は浅いところを走るため、すぐに乗れる、すぐに地上に出られるわけです。

山手線の内側で「都心暮らし」を満喫

【2位】職住接近で通勤ラクラク

東京メトロの沿線は、山手線の内側と外側で分けて考えた方が良いかもしれません。山手線の内側は、そもそも都心の便利さを丸ごと感じられるエリアです。電車で10分程度、あるいは徒歩移動でも買い物などはなんとかなります。

企業、大学、繁華街、どこへ行くにも短時間。残業、夜勤、夜遊びがすぎて、万が一終電を逃したとしても、徒歩で酔いを覚ましつつ帰れます。電車に乗る必要すらないかもしれません。これは都心生活者の大きなメリットです。駅の近くに住めば、通勤時間もかかりません。通勤時間が短くなれば、自分のために使う時間も増えます。

ライフスタイルとしては、都心の企業に勤め、郊外の緑豊かな地域に住むという理想像もあります。通勤定期代は会社が出してくれるため、郊外だと浮いた家賃が可処分所得になります。郊外なら駅徒歩数分で手ごろな物件もあります。しかし、考え方を変えてみましょう。会社まで通勤に1時間かかるとして、駅徒歩10分+電車50分の郊外と、駅徒歩50分(現実的ではありませんが)+電車10分の都心。どちらも同じ60分です。

徒歩が長いと雨の日はつらそうですが、山手線内ならバス路線も豊富。天気によって歩いたり、地下鉄やバスに乗ったりというスタイルも良いかもしれません。職住近接の暮らしは、検討の価値ありです。

「都心の狭い部屋に住む」という選択

【3位】最近話題の「狭小ワンルーム」

「都心は確かに便利だけど、家賃が高い」、そう考える人は多いでしょう。でも、都心と言っても、商業地、住宅地、オフィス街で家賃は様々です。特に下町と呼ばれる地域は、多少建物が古いとは言え、手ごろな物件もあります。下町の商店街は物価も安いため、「都心だからお金がかかる」ということもなさそう。先入観を捨てて、じっくり物件探しをしてみましょう。

不動産サイトsuumo」で、都心6区(千代田、中央、港、新宿、文京、渋谷)の賃貸物件を調べました。家賃10万円以下はなんと4万件以上。8万円以下は1万7000件以上、5万円以下も500件ほどあります(2018年4月26日調べ)。ほとんどがワンルームタイプですが、徒歩10分以上でも良いなら2DK以上の物件もあります。単身者や2人暮らしなら、都心暮らしの恩恵をこの家賃で受けられるわけです。

不動産業界では、最近、都心の狭小ワンルームが人気だそうです。なんと築1年、3畳(5平方メートル)ほどの部屋で家賃が3.9万円。ただし、管理費が3万円なので、実質6.9万円です。ちょっとズルい気もしますが、家賃を低くすると、家賃を基準に計算する敷金・礼金、保証料なども安くなるわけです。かなり魅力的です。

このような狭小ワンルームは、週刊誌などで「独居房より狭い」などと書かれています。しかし内部は合理的。シャワールームと洗浄機能付きトイレが別室で、靴入れなど最低限の収納もあります。人気の理由のひとつはスマートフォンの普及とのこと。かつてはひとり暮らしでもテレビオーディオ、本棚などを置く人が多かった。しかし、いまやスマートフォンで動画や音楽、電子書籍を楽しめます。

大画面を観たければ、映画館レイトショーはいかがですか。音楽もライブハウスが徒歩圏にあるかも。終電を気にせず割安で楽しめます。本も電子書籍にすれば、たいていの室内娯楽はすべて手のひらで楽しめます。そう考えると、6畳一間で暮らしていた人も、実は、居場所は3畳くらいだったかもしれません。

独身者なら、近くにコンビニがあれば冷蔵庫も要りませんし、自炊するよりファストフードや定食屋さんの方が安上がり。風呂に入りたければ、スポーツクラブの温浴施設を使うという方法もあります。外食文化の定着した台湾では、キッチンがない物件もあるそうですし、最低限の施設以外はシェアサービスという時代が来ているのかもしれません。

たとえば、家賃に15万円払える収入があるとして、郊外に広い部屋をひとつ借りるより、郊外に6万円の2LDK、都心に6万円のワンルームを借りて、平日と休日で切り替えても良いかもしれません。光熱費の基本料金は2倍に増えますが、住所を郊外の他県にすれば、割高な特別区民税も回避できます。単身者なら、郊外に6万円の部屋を借りるより、週末は旅に出るという選択もアリですね。

「郊外」もある東京メトロ

【4位】実は狙い目「東京メトロの郊外」

東京メトロの路線網のうち、山手線の外側については、他の大手私鉄沿線のメリットと同じ要素が現れます。有楽町線副都心線の池袋~和光市間は東武東上線の環境に近く、千代田線西日暮里~北綾瀬間と日比谷線の上野~北千住間は京成本線東武伊勢崎線になぞらえても良さそうです。過去の各路線の紹介も参考にしてみてください。

東西線の大手町~西船橋間はJR総武線と並行しています。門前仲町や木場などは下町的な雰囲気があり、東陽町と南砂町はニュータウンと歴史ある住宅街の境界線。砂町銀座商店街は駅からバス便になりますが、洋品店や金物屋さんなど昭和の雰囲気を残します。惣菜屋さんも多く、店舗数は約180もあるとのこと。

葛西などからは葛西臨海公園、浦安からは東京ディズニーリゾート方面行きのバスが出ます。木場公園、行船公園、新長島川親水公園、荒川、旧江戸川江戸川など水辺もあります。ニュータウンと憩いの場、観光地がそろっており、大手私鉄の郊外路線らしい要素を持っています。東京メトロの郊外路線は、都心にアクセスしやすく、家賃も郊外に行くほど安く、物価の安い昔ながらの商店もあります。

そして、他の大手私鉄の郊外路線と比べて、最も大きいメリットは「都心に行くためのきっぷ代が安い」です。ほとんどの大手私鉄は都心に向かうときに地下鉄に直通します。つまり、地下鉄初乗り運賃が加算されるわけです。それに比べて、東京メトロの郊外路線は、乗車から降車まで東京メトロです。また、距離別運賃体系も長距離になるほど大手私鉄より割安です。通勤だけではなく、都心に出かける機会が多い人は、東京メトロの郊外路線が狙い目です。

「24時間券」とその特典で東京満喫

【5位】おトクな特典「ちかとく」でもっとおトクに

商業施設や文化施設がたくさんある東京都心部は、遊びに困らないエリアです。休日をたっぷり遊びたいときにオススメのきっぷが「東京メトロ24時間券」。大人600円、子ども300円で、24時間乗り放題となります。「1日」ではなく「24時間」であることがポイント。たとえば15時に購入した場合、「1日乗車券」だとその日の終電まで有効ですが、「24時間券」なら翌日の15時まで使えます。

東京メトロはこのほかに、都営地下鉄も乗り放題になる「東京メトロ都営地下鉄共通一日乗車券」(大人900円、子ども450円)、JR線や都営バスなども利用できる「東京フリーきっぷ」(大人1590円、子ども800円)などを発売。これらは1日乗車券なので、有効期間は利用日の終電までです。

さて、これらのフリーきっぷを持っていると良いことがあります。「ちかとく」という特典サービスです。東京メトロ都営交通が共同で実施しています。都内400ほどの博物館美術館、飲食店などで、割引やプレゼントが提供されます。方法は施設や店できっぷを見せるだけ。対象の場所は各駅で配布中のパンフレットに掲載されるほか、公式サイトでも検索できます。

たとえば、上野の国立科学博物館は特別展当日券と常設展ミュージアムショップの利用が10%引き。お台場からの東京水辺ラインは乗船料が10%引き、地下鉄博物館オリジナルクリアファイルプレゼント。東京湾クルーズの「シンフォニー」「ヴァンテアン」は数千円から1万円以上のコースがあり、10%引き(一部除く)ですから、これだけできっぷ代を回収できそうです。

公私ともに東京メトロを使いこなすなら、「全線定期券」はいかがでしょうか。文字通り、東京メトロ全線が使える定期券です。運賃は1か月1万7300円、3か月4万9310円、6か月9万3420円です。ちなみに24時間券は600円ですから、30日分で1万8000円、90日分で5万4000円、180日分で10万8000円です。うーむ、本当に毎日乗るなら全線定期券、週に1日でも乗らない日があるならその都度24時間券を買った方が安いかもしません。

東京メトロをおトクに利用するなら、回数券も便利です。東京メトロの回数券は金額式で、出発駅と到着駅の指定はありません。同じ運賃なら区間を選べます。東京メトロ沿線に住むなら、とりあえず最低区間(170円区間)の回数券を常備すると良さそうです。いつでも使える回数券は10回分の運賃で11枚。同じ金額でも、平日日中と土休日に使える「時差券」は12枚、土休日に使える「土休券」は14枚も発券されます。

都心へ、関東へ レジャーも便利

【6位】駅ナカ「エチカ」に、映画試写会、楽しいメトロライフ

東京メトロプラットホームや改札口付近には売店があります。新聞、雑誌、飲み物、お菓子などの定番商品だけではなく、電車をテーマとしたグッズも扱っていて楽しいです。東京メトロの駅では、このほかに、改札内外に専門店を連ねた地下街「エチカ」も展開しています。初登場は2005(平成17)年、表参道駅でした。2009(平成21)年に池袋駅に展開。表参道駅は26店舗、池袋は29店舗あります。このほか、数店舗で展開する「エチカ・フィット」は東京・銀座・永田町・上野の4駅にあります。

エチカを構成するショップは、カフェフード、テイクアウトファッショングッズライフスタイル、ビューティーの7分野で、どれも従来の駅売店のイメージを覆すブランドです。大手セレクトショップファッションブランド、本格的な料理を楽しめる飲食店もあります。筆者がよく利用する店はエチカ表参道の「OMO KINOKUNIYA」です。スーパーマーケット紀ノ国屋の店舗で、お酒やおつまみ、各地のお土産品のお菓子などがあります。手土産を買うには便利でちょうど良いお店です。

エチカは駅を楽しくするお店。楽しいと言えば、東京メトロでは映画に関するイベントが多いようです。「東京メトロサンクスイベント」として、アニメ映画などの試写会、映画鑑賞券やブルーレイディスクプレゼント企画を実施しています。電車の中づり広告や東京メトロ公式サイトで告知しています。

【7位】関東の観光地に直結!

関東の大手私鉄は終点側に観光地を持つ路線があります。東急電鉄は横浜、小田急電鉄は箱根、西武鉄道は秩父、東武鉄道は日光などです。各社とも特急列車を導入し、キャンペーンを開催して競い合っています。これらの路線は東京メトロの直通先です。つまり、東京メトロ沿線に住めば、関東の有名観光地にもアクセスしやすいと言えます。直通先の駅で特急に乗り換えても良し、特別料金不要の列車を乗り継いでも良し。

特にオススメは直通で快適な列車たち。千代田線からは小田急電鉄に直通する特急ロマンスカーメトロはこね」「メトロえのしま」があります。副都心線からは土休日の有料座席指定列車「S-TRAIN」で、西武鉄道の西武秩父、横浜高速鉄道元町・中華街へ。どちらも着席保証で乗り換えなしです。

乗るとたまるポイント「メトポ」を活用

【8位】乗るほどおトクなポイント制度

都心に住み、東京メトロをマイカーの如く使いこなすなら、ポイント制度を活用しましょう。2018年3月24日から、「PASMO」を使ったポイントサービス「メトポ」が始まりました。都営交通ポイントサービスToKoPo」と同様、電車に乗るたびにポイントが自動的にたまります。1日の最初の乗車時に3ポイント、土休日はホリデーポイントとして4ポイント追加。1カ月に10日以上ポイントを獲得すると、さらにボーナスポイントとして10ポイントが加算されます。獲得したポイントは、10ポイント10円としてPASMOに還元されます。ただし、定期券利用区間は対象外です。

ウェブや郵送で仮登録し、駅の多機能券売機で本登録します。ポイントの照会や還元も多機能券売機で行います。チリも積もれば……というわけで、気が付けば缶ジュース代、エチカの飲食代くらいになるかもしれません。

もっとおトクな「メトロポイントPlusサービスもあります。東京メトロが発行するクレジットカード「To Me CARD」会員向けのサービスです。年会費2000円の「To Me CARD Primeカードは1乗車につき平日は10ポイント、土休日は20ポイントメトロポイントPlus対応の自販機利用で100円ごとに1ポイントメトロポイントPlus加盟店の買い物でも200円で1ポイントがたまります。年会費1万円のゴールドカードだと、たまるポイントはそれぞれ2倍です。

【9位】電車の種類がいっぱい

実は、鉄道好きの私としては東京メトロには不満もあります。それは……「景色が見えない」。いや、地下鉄だから当たり前ですけれども。有楽町線副都心線東西線丸ノ内線など、地上区間があるとホッとします。では、東京メトロには鉄道の楽しみが少ないかと言えば、そんなことはありません。外が見えなければ車内に注目。空いているとき、車両の貫通路越しに前方または後方を眺めれば、列車が線路の向きに合わせて、左右へ、上下へ、うねうねと動く様子を楽しめます。

東京メトロのおもしろさは、乗り入れる電車の種類が多いこと。東京メトロ所属の車両だけではなく、相互直通先からも多彩な車両がやってきます。新旧車両の交代時期は、電車の種類が増える時期でもあります。相互直通路線では、乗り入れ先の路線の新型車両もやってきます。日比谷線東武鉄道の新型車両70000系、半蔵門線東急電鉄の新型車両2020系を見かけたら、その日は良いことがありそうな気がします。

東京メトロも新旧交代の時期を迎えた路線があります。日比谷線では13000系の導入が始まりました。初代3000系からの伝統「運転席横の曲面ガラス」が採用されています。丸ノ内線2019年から2000系が運行を開始します。車端部に丸窓を配し、立ち客向けのテーブルや電源コンセントを装備します。半蔵門線では2020年度から新型車両を導入予定です。

東京メトロの電車をもっと楽しみたい」と思ったら地下鉄博物館へ行きましょう。東西線葛西駅高架下にあります。初代銀座線車両1000形をはじめ、地下鉄の仕組みが分かる展示などがあり、勉強になります。

新路線の建設計画はないけれど…

【10位】東京メトロの未来は「もっと安全に」「もっと快適に」

東京メトロには新路線の建設計画がありません。2004(平成16)年に帝都高速度交通営団が民営化されて発足したときに、当時建設中だった副都心線を最後の新路線とする方針になりました。新路線計画がないとは寂しいですが、投資金額が小さいことは、運賃の大幅上昇が避けられるという利点もあります。

東京メトロの未来は、路線の改良と安全対策の強化です。いままで以上に安心、快適に利用できる電車になろうとしています。

その重点的な施策のひとつがホームドアの全駅設置です。現在は丸ノ内線有楽町線南北線副都心線ホームドアの設置を完了しました。2024年度までに、1日10万人以上が利用する駅にホームドアを導入する予定で、その翌年度、2025年度までに全駅にホームドアを設置する目標です。

新路線はありませんが、新駅の工事は始まっています。日比谷線の霞ケ関駅と神谷町駅のあいだです。虎ノ門ヒルズの近くにあり、「虎ノ門新駅」と呼ばれています。銀座線の虎ノ門駅に近いため、実際には区別しやすい名前になると思われます。

銀座線2017年に開業90年を迎えました。老朽化した設備の対策と合わせて、駅のリニューアルに取り組んでいます。全19駅を5つのエリアに分けて、「トレンド」「ビジネス」「銀座」「商業」「下町」の特色を活かした雰囲気に変わるそうです。特に渋谷駅は地域の再開発と連動した大がかりな改良となります。現在のデパートのなかから、明治通りの真上へ移動し、ふたつのホームが2本の線路を挟む2面2線から、2本の線路がひとつのホームを挟む1面2線の構造に変わります。

東京メトロが発表した「東京2020オリンピックパラリンピックに向けた競技大会に向けた東京メトロの取組み」によると、上記の他に、「駅構内のセキュリティ強化」「自然災害対策の推進」「バリアフリー対応」「多言語情報の充実」「無料Wi-Fiサービスの整備」「車両内ディスプレイの3画面化」「ナビゲーションサービス」「地域の情報発信」などが盛り込まれていました。

「住むなら東京メトロ沿線」と思わせる理由をまとめると、「シェアサービスを利用したコンパクトな暮らし」「電車と徒歩で健康的な生活」となるでしょう。アーバンライフはお金持ちだけのスタイルではありません。「都市を満喫」してみませんか。

【画像】サインウェーブも継承 丸ノ内線の新型2000系電車

銀座駅を発着する銀座線の1000系電車(2017年2月、恵 知仁撮影)。