元英代表将のルーニー移籍も噂されるアメリカ行きが有報道

 日本代表FW本田圭佑は、今季限りでパチューカとの契約が切れるため、その去就が注されている。欧州Jリーグへの復帰説、バルセロナスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの移籍が囁かれるオーストラリア補に浮上するなか、イタリアサッカー専門サイトカルチョメルカート・コム」は「彼はメジャーリーグサッカーす」とMLS行きが有だと報じている。

 本田2018年からスタートしたリーガMXメキシコリーグ)後期リーグで圧巻のパフォーマンスを披露。7得点7アシストといずれもチームトップの成績を残し、チームの攻撃を強く牽引した。惜しくも優勝決定プレーオフに進出できる8位以内に一歩及ばず、4月28日に行われた最終節アトラス戦(0-0)でシーズン終了となったが、メキシコ挑戦1年で確かな足跡を残した。

 本田は3日に帰してトレーニングを再開。今年6月で現行の契約が切れるため、スペインオーストラリアJリーグなどが移籍先補に浮上するなか、かねてから挙がっているアメリカ行きの可性が徐々に高まっているようだ。

 記事では、「元ミランホンダ日本には帰らない」とセリエAの名門ACミランで3年半10番を背負った男に言及。次のように展望している。

「今はまだケイスケ・ホンダにとって日本に帰る時ではない。1986年まれのミランは、パチューカを離れることを決めた。しかし、Jリーグクラブ)からオファーがあったにもかかわらず、彼はメジャーリーグサッカーす」

 4月に自身のツイッターで、「親なるメキシコの人々へ」とパチューカ退団の可性を示唆していた本田MLSミラン退団時から再三浮上してきたが、エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーの移籍も噂されるアメリカへ渡ることになるのだろうか。


Football ZONE web編集部)

去就が注目されている本田圭佑【写真:Getty Images】